健康

ヨガとピラティスの違い説明できますか?

更新日:

f:id:kigyou-pt:20190301134246j:plain

こんにちは。起業理学療法士のにっしぃです。

昨日、お客様より

『「ヨガ」と「ピラティス」ってどう違うの?』

と質問されました。

私は、ハッキリと説明できる自信がなかったので、

とりあえず分かっている部分だけ、

『ヨガは、心にも着目したもので

<ピラティスは、リハビリを目的としたメニューとしてできたものです。』

くらいしか説明できませんでした。

みなさんは、説明できますか?

これをきっかけにまとめてみましたので、説明できない方は是非ご一読ください。

ヨガとは

・インドの4000年以上前の教義とともに伝わった心を司る考え方。

・1990年代後半から世界的に流行。

・現代のヨガは身体的ポーズ(アーサナ)を中心にしたフィットネス的であり、宗教色を排したエクササイズとして行われる。

・ヨーガは、「牛馬にくびきをつけて車につなぐ」「結びつける」という意味

瞑想があり、自然への感謝、自分を見つめなおすスピリチュアルな点がある。

呼吸を元にして身体を動かす。

筋肉血流の流れを整える。

ピラティスとは

・1920年代ドイツにおいて、戦争で負傷した戦士のケアのため、リハビリのメニューとして生まれた。

・考案者(看護師ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス)の名をとってピラティスメソッドと呼ばれた。

・ジョセフは「コントロロジー」と名付けていた。「全身の細かな筋肉と精神を自分自身でコントロールするための学問」と呼んでいた。

深部筋(インナーマッスル)を鍛えることで、体幹強化が基本。

ストレッチ、筋力強化、バランス強化を目的としてデザインされたエクササイズ。

「マットピラティス」のほか「マシンピラティス」がある。

※理学療法士によって開発された「コア・アライン」という器具がある。

・用いられるプロップス(道具)

ピラティスチェア・スパインコレクター・ピラティスバンド

フォームローラー・BOSU  などがある。

最近は、理学療法士がヨガ・ピラティスを学び、

リハビリに取り入れていることはよく耳にします。

私も体験・実践し取り入れていきたいなと思います。

-健康
-,

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.