仕事効率化

【目標達成術】WOOPの法則を解説【シンプルかつ効果的】

更新日:

目標

目標達成術について

「ポジティブシンキング」や「引き寄せの法則」などは効果がないことが実証され、

その代替案として示された「WOOPの法則」を紹介します。

スポンサーリンク


WOOPの法則とは

アメリカの心理学者ガブリエル・エッティンゲン博士により提唱された、

目標達成を円滑にするプロセスの法則です。

WOOPとは下記単語の頭文字をとったものです。

  1. Wish:願望
  2. Outcome:成果
  3. Obstacle:障害
  4. Plan:計画

この4つのステップに沿って行動することで、目標達成率を高めることができます。

 

WOOPの法則 実践

WOOPの法則の具体的な進め方を説明します。

セッティング

ジャマの入らない環境で、目を閉じてイメージする

(ノートに書きながらでもOK)

目安時間:1回につき15~20分

 

1.Wish:願望

・希望や不安を詳細にイメージする

・難易度:達成は難しいけど、頑張れば何とかなりそうくらい

・複数ある場合は、自分にとって最も重要なものに絞る

例:毎日ジョギングする

2.Outcome:成果

「ベストの成果」を思い描きます。

できるだけ具体的にイメージすることがポイント

例:気分よく暮らす

3.Obstacle:障害

障害になるものをできるだけ詳細に思い描く。

・考え方

・行動

・癖や習慣

・思い込み

・感情

環境や外的な問題ではなく、自分の問題を挙げる

例:仕事後は疲れている

 

4.Plan:計画

以上を踏まえたうえで、計画を立てます。

障害に対しどう克服・回避できるかを対策することが大切です。

if-thenプランニングを利用すると良い。

例:もし、帰宅後に疲れて たら ランニングシューズを履いて外に出る

 

【障害・計画】のステップは

過去に投稿している「偶然性プランニング」も参考になるかと思います↓

【計画術】生産性と集中力を高める「偶然性プランニング」とは

終わりに

各ステップ出来る限り具体的に、短い文章にすることがポイント。

この「WOOPの法則」で目標達成率が2倍も高まるという実証があり、

割と簡単に活用できると思うので、オススメです。

 

参考:

https://yuchrszk.blogspot.com/2014/11/woop-3.html

https://daigoblog.jp/plan-nottofall/

 

 

 

計画術にオススメの本↓

 

スポンサーリンク


-仕事効率化
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.