仕事効率化

【考え事革命】頭の中で作業する【生産性アップ】

投稿日:

電球

みなさんは、考え事しますか?

この記事では、生産性アップのために「有意義な考え事をする」といった内容を紹介します。

スポンサーリンク


考え事をいつする?

考え事をするのはどのような時でしょうか?

・入浴中

・トイレ

・歯磨き

・着替え

・移動中

・単純な雑務

・掃除

・何かの待ち時間

・1人で食事中

・家事仕事中

・(女性なら)化粧中とか

・寝る前

1日のうちに考え事をする(できる)時間というのは、

少し考えただけでもたくさんあります。

この時間を有効活用しましょう!!

 

どんな考え事をする?

では、どんな考え事をしていますか?

・過去のこと(思い出を振り返る)

・ネガティブなこと(悩み事、不安事)

・ポジティブなこと(〇〇したい、〇〇が欲しい)

・次やるべきことを整理する『〇〇しなきゃなぁ』※下記のステップ0

このような考え事は有意義なものでしょうか・・・?

 

有意義な考え事とは?

上述した考え事では、生産性はありません。

では、生産性のある有効な考え事の例を挙げます。

ブログ作成を例にします。

まず、ブログ作成という作業を各ステップに分解します。

ステップ0:何のテーマを書くか考える

ステップ1:どんな内容を書くか考える

ステップ2:タイトルを考える

ステップ3:構成を考える

ステップ4:実際に書く

この「〇〇を考える」という部分を頭の中の考え事で済ませてしまいます。

ちなみにステップ0はできるだけ、普段のタスク管理(ToDoリスト作成など)で済ませておき、

ステップ1から考える。

この記事を例にすると・・・

ステップ1:内容「無駄な考え事」を「有効な考え事」にする記事

ステップ2:タイトル「生産性・頭の中で作業・考え事・有効」とザックリ

ステップ3:構成「考え事はいつする」「どんな考え事をする」「有効な考え事とは」「メリットは」

これくらいのことは、頭の中で作業(生産)させることができます。

さらに余裕があれば1つ1つの構成の中身を考えても良いでしょう。

このような生産性のある考え事を普段からできるかどうかがカギです。

過去を悔んだり、未来を不安がるような考え事をしているヒマはありません。

 

どんなメリットを得られる?

上述のようにステップ3までが頭の中で済んでいれば、

いざPCに向かって作業をする際、ドンドン手が進みます。

頭の中での生産が出来ていないと、ステップ1または0からのスタートです。

言うまでもなく、すぐに手は進まないでしょう。

仕事が遅い人のスタートは、

『どんな内容のブログ書こうかな・・・』

『どんな構成にしようかな・・・』

とPCの前で考えます。この時間が長いのです。

 

このように仕事が速い人と遅い人の差は

「普段、頭で作業(生産)しているか否か」だと思います。

そして仕事の遅い人はこのことに気付いていません。

 

ということで、「有効な考え事」をすることで、仕事のスピードが激早になります!!

『やることがたくさん・時間がない』という人は、

「考え事」のグレードアップをしてみてはいかがでしょう!!

 

スポンサーリンク


-仕事効率化

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.