健康

【睡眠】不眠症改善には「ベッドは寝るためだけに使え」【刺激制限療法】

更新日:

ベッドで読書

『ベッドに入ってもなかなか寝れない』

そんな悩みをお持ちの方へ「刺激制限療法」という睡眠テクニックをご紹介します。

この「刺激制限療法」は

2011年アリゾナ大学の調査で、

数ある快眠法の中で「本当に不眠に効く方法」のトップに輝いたテクニックです。

 

スポンサーリンク


刺激制限療法の方法とポイント

眠くなった時にだけベッドに横になる

・ベッドで睡眠以外のことをしない(例:スマホ・読書・勉強・ストレッチなど)

・ベッドに入っても眠れないときは、布団から出る。再び眠くなったら寝室へもどる。

※時計などは見ないで、「眠れない」と思ったらすぐに部屋を出る

※とくに、眠りにつけないまま10分以上ベッドにいるのはNG

※それでも眠れない場合は、寝られるまで何度でも寝室を出る

起床時間は一定にする(どれだけ睡眠時間が短くても)

 

つまり、

ベッドに入る=寝る」という認識を脳に持たせる「認知行動療法」

「ベッド=スマホ・読書・勉強など」という間違った認識にならないようにしましょう!!

睡眠

 

参考サイト:

https://allabout.co.jp/gm/gc/299061/

https://yuchrszk.blogspot.com/2014/09/blog-post_16.html

 

スポンサーリンク


-健康
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.