ホスピタリティ 起業

【起業・顧客サービス】決められたサービスよりも特別なサービスを

更新日:

特別なサービス

独立・起業すると、「顧客満足度-顧客サービスの質」が重要になります。

そこで、本記事では【「決められたサービス」よりも「特別なサービス」を】というテーマでお話しします。

スポンサーリンク


決められたサービスとは

「決められたサービス」というのを説明します。

まず例を挙げます↓

・ポイントカードの特典サービス

・クーポン券割引

・紹介特典

・初回限定サービス

・期間限定サービス

・誕生日の方限定サービス

・○○のメニューを受けている方限定サービス

このように、何か条件を満たすことで誰でも特典サービスを受けられる権利が得られる。

というのが、特徴です。

 

決められたサービスではNG

「ポイントサービス」や「メニューとして組み込まれたサービス」など

決められたサービスでは効果が薄いです。

このような決められたサービスでは、

『条件を満たしているのだから特典サービスを受けられて当たり前』

という印象を持たれてしまいます。

 

「特別なサービス」とは

対して、「特別なサービス」というのは、

例えば

ボディケア30分のメニューで、

『少し凝りが強いようなので、特別に延長してケアしますね』

『ご自宅でできる凝り予防のストレッチをお教えします』(メニューには含まれていない特別なこと)

ということだったり、

『今日、誕生日なんですね!?〇〇をサービスします!!』

 

このような、お店で決まったルールとして行うものではないサービス

「特別なサービス」です。

 

そして、「特別なサービス」にはこんな効果があります↓

『特別扱いしてもらえた!』という印象を持ってもらえます(満足度アップ)

「返報性の法則」が働く ←意味が分からない方はこちら(リンク

 

終わりに

『お客様を感動させる』ディズニーで有名ですよね。

「決まりきった普通のサービス」ではなく、「特別なサービス」で感動させる工夫をしましょう!!

「特別なサービス」をするためには、日頃、お客様のことを考え

『何かサービスできることはないか』とアンテナを張って考えていなければなりません。

 

スポンサーリンク


-ホスピタリティ, 起業

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.