未分類

【資格の種類】資格を取る前に知っておこう

更新日:

夢

今回は「資格の種類」についてまとめました。

スポンサーリンク


資格の種類

資格は、大きく3種類に分けられます。 参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/資格

「国家資格」:国が認めた資格

「公的資格」:各省庁が認めた資格

「民間資格」:民間企業が独自に作った資格

それぞれについて深堀りします。

 

国家資格

法律で規定されている資格。知識や技術が一定水準以上であることをが認定するもの

※資格を取得しても、一定の実務研修などをクリアしないと仕事ができないものもあります。

国家資格の中でも下記2種類に分類されます⇩

【業務独占資格】:資格がなければ、その業務を行ってはいけない

医師・看護師・建築士・弁護士・美容師・教員免許・公認会計士 など

【名称独占資格】:資格がなければ、その名称を名乗ることはできない

理学療法士・作業療法士・保育士・介護福祉士・栄養士・中小企業診断士 など

 

公的資格

国家資格に準ずる資格。認定元は管轄の官庁や大臣、日本商工会議所など。

※厳密には公的資格は2005年に廃止されている(!?)

公共性の高い民間資格という位置づけ

例を下記に挙げます⇩

ケアマネ・介護職員初任者研修・簿記検定・登録販売者・福祉住環境コーディネーター・カラーコーディネーター・消費生活アドバイザー など

 

民間資格

民間の団体や企業が独自に作った資格(個人でも作れる)。

少なくとも1000個以上の資格はある

例を下記に挙げます⇩

医療事務・整体師・カイロプラクター・アロマテラピー検定など

 

 

終わりに

「何か資格をとりたいなー」と思っている方、

まずは資格には上記3種類あることを知りましょう。

その上で自分にとって必要な資格は何なのかを考えていただければと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


-未分類

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.