経理 起業

【独立・起業】開業1年目の支出を公開【パーソナルトレーニング・自費リハビリ店】

投稿日:

経営状況報告 開業1年目 支出編

こんにちは。起業理学療法士の西島紘平です。

本記事では、当店(パーソナルトレーニング・自費リハビリ)の

「開業1年目の月間支出」をリアルな数字で公開します。

これから開業を考えている方などの参考になればと思います。

 

事業費に加え、生活費も含め全ての支出をまとめています。

当店の経営は夫婦での2人経営でその他従業員なし、

生活費としても子供なしの夫婦のみ となっています。

 

スポンサーリンク


店舗・住宅・公共料金

【テナント】
賃料:172,800円
水道:7,000円
電気:15,000~25,000円
ガス・灯油:10,000~50,000円


小計:約20万~25万円

※テナントの公共料金は、2Fに居住しているオーナーの利用料も含まれる契約

※北海道なので、季節による灯油代・電気代の価格差が大きい(冬季:増大)

 

【住宅】
賃料:50,000円
水道:3,500円
電気:2,500~6000円
ガス・灯油:5,000~13,000円


小計:約6万~7.5万

 

事業ランニングコスト

飲料水(プレミアムウォーター):3,499円
ダスキン(モップ・ハンドペーパータオル):1,980円
新聞購読料:3,353円
HP管理費:3,240円
Wifi:3,994円
電話料金:2,600円

雑費:10,000円


小計:約3万円

 

その他

食費:30,000~35,000円
生活費・娯楽費:20,000~50,000円
社会保険料:112,000円
車(ガソリン等):5,000円
奨学金返済:16,980円
携帯電話:5,000円


小計:19万~22万円

※「社会保険料」が一番のネック。

社会保険料は前年度の収入から計算されるため、

開業後の収入がいくら少なくとも、容赦なく支払いを求められます。

私の場合は、「私」と「妻」の社会保険料のみですが、

従業員を雇えば、その折半額も会社で支払わなくてはいけません。

 

その他(年会費)

保険料・諸会費(学会など)・税金


小計:約45万円 → 1ヶ月換算(÷12):約3.7万円

スポンサーリンク


月間支出合計

上記小計の合計です。

賃料・公共料金(テナント):20~25万円

賃料・公共料金(住宅):6~7.5万円

事業ランニングコスト:3万円

その他:19~22万円

その他(年会費):3.7万円


月間支出合計:51~61万円

支出 円グラフ

円グラフを見ても分かるように(テナント料金は仕方ない)

・住宅料金(テナント 兼 住宅にしたいところ・・・)

・その他(特に社会保険料11万円:1年耐えればとりあえず安くなる)

の占める割合が大きい。

 

終わりに

1年目の月間支出合計はなんと50万越え・・・

初月の収入(月商)は17万4000円(詳細は過去記事:下記にリンクあり)

つまり、月間収支は33万円ほどのマイナス

一生懸命働いて、生活費も切り詰めて

毎月、貯金が33万円減っていく状態です。

とにかく収入を増やさねば破産間違いなしです。

 

それでも、2019年9月現在で3年半、経営を続けられています!!

どう経営を立て直したのか経過を伝えられたらと思っております。

 

【独立・起業】開業1ヵ月目の経営状況・収入編【パーソナルトレーニング・自費リハビリ店】


スポンサーリンク


-経理, 起業

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.