おすすめ本 ホスピタリティ

ゲストの心を離さないライザップ式接客術

更新日:

助け

こんにちは。起業理学療法士の西島紘平です。

「マンガでわかるゲストの心を離さないライザップ式接客術」を読んだので、まとめてみました。

顧客に向き合い、寄り添い、つながり続ける

という3つを重視するそうです。

 

目次

スポンサーリンク


ライザップ式接客術:マンガの内容

アパレル店員がライザップ式接客術を学び、

お客様に向き合い、寄り添い、つながり続ける

ということを実践していく話。

真のニーズに向き合う力

・顧客を100%肯定する。それが信頼関係を築く第一歩

・顧客に一生懸命興味を持つ真のニーズを言葉にしてもらう

・5つのWHY(顧客に5回、「なぜ・・・なの?」と質問する)。顧客自身が真のニーズを言語化できるように

徹底的に寄り添う力

3つのM

・マネジメント:正しい目標達成へのプログラムを組む

・メンタルサポート:ゲストの弱い部分を支える

・マインド:トレーナー自身も強い心を持つ

シャドウタイム

会えない時間にこそ、顧客に自分のことを思い出させる

ザイオンス効果

接触時間が長い方がより愛着がわくという心理

目標達成後もつながり続ける力

依存:あなががいないとできない

自立:あなたがいなくてもできる

相互依存:あなたがいればもっとできる

顧客の状態は上記3段階の様に変化する。

変わり続ける提案(新たな目標・ゴールを顧客と共に見つける)をすることで、

目標達成後もつながることができる。

このような接客術をマンガで読んで分かりやすく学べます。

より詳しくは、マンガではないバージョンもあります!

スポンサーリンク


-おすすめ本, ホスピタリティ

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.