PTOT

【2019.12.5配信のまとめ】登録理学療法士制度の仕組み【後半:斉藤副会長】

更新日:

登録PT

2019年12月5日20時~22時に「登録理学療法士制度の意義と仕組み」をテーマに下記ゲストが出演され、配信されていました。

・半田 一登 日本理学療法士協会 会長
・斉藤 秀之 日本理学療法士協会 副会長

リンク→https://www.youtube.com/watch?v=dfLya1FMJIA

 

その内容を前半・後半に分けてまとめます。

前半:半田会長による「登録理学療法士の意義・今後の展望」

後半:斉藤副会長による「登録理学療法士の仕組み」

本記事は「後半:斉藤副会長による登録理学療法士の仕組み」についてです。

 

スポンサーリンク


キャリアデザインとは

キャリアデザインとは、「仕事を楽しみながら、高い成果をあげる」こうした職業人生を過ごすにはどうしたらよいか考えること。

目標は「キャリアの成功」。

自己イメージと照らし合わせた基準で、仕事にフィット感・納得感がある状態。

一般的基準による「他人より多い収入」「同期より早い出世」「名誉ある地位」「あふれるほどの資格」とかではない。

 

(斉藤副会長個人的には・・・)収入、地位は後からついてくるものと思う。

 

理学療法士は卒後3年ほっとくと馬鹿になる

PTは卒後ほったらかし、

医師や看護師などの臨床現場における研修体制に比べ不十分。

卒後3年以下若手スタッフの増加に対して計画的な卒後教育の仕組みの充実が必要。

 

現在の理学療法士の生涯学習システム(イメージ)

生涯学習イメージ

出典:「https://www.youtube.com/watch?v=dfLya1FMJIA」配信内のスライドを参考に自作

 

日本の理学療法の近未来で想定されること

・求人が激減する

・報酬が減少する

・40~50代の退職者が増加する

・ワークシェアリングが当たり前になる

・キャリアチェンジが増加する

・派遣、契約職員としての雇用が増加する

・付加価値と差別化が求められる

・収入格差が広がる

・養成校間格差が明確となり、閉校する学校が増える

・協会の組織率が下がる

 

優れた理学療法士の12の特徴

1.ヒューマニズム:共感、尊敬の念、利他精神、誠実さ

2.人間の多様性に対する感受性と寛容性

3.奉仕に対する使命感

4.医療職・理学療法士であるということはどういう意味をもつかの理解

5.学習意欲

6.分析的・批判的・偏見のない思考能力

7.医療の社会的背景の理解

8.人間的コミュニケーション技術

9.自己と同僚の評価の能力と改善への意欲

10.他人と働く能力:カレジアリティへの使命感

11.教育熱心

12.優れた基本的臨床技術(ジェネラリズム)への使命感

 

10年ルール

特別な専門知識であり、高度に発達した複雑なスキルとシステムレベルの知識は、実際的な経験(シュミレーションを含む)を通じて獲得される。この期間が少なくとも10年は必要

 

今までは急ぎ過ぎていた。

もっと教育にかける時間があって良い。

 

現制度と新制度の時間数比較

 

現制度

新人教育プログラム:座学15時間 最短1年間

認定理学療法士:最短2年間(5年ごとに更新)

専門理学療法士:最短5年間(5年ごとに更新)

 

新制度

前期研修:座学22コマ(33時間)実地32コマ(48時間) 最短2年間

後期研修:51コマ(76.5時間) 最短3年間

登録理学療法士:最短5年間(5年ごとに更新)

認定理学療法士:制度・更新検討中

専門理学療法士:制度・更新検討中

 

現制度と新制度の費用感の比較

現制度

新人教育プログラム:0~約9,000円(都道府県士会での平均額)

認定理学療法士(新規):48,900円

認定理学療法士(更新):83,300円

専門理学療法士(新規):335,000円+必須論文執筆にかかった費用

専門理学療法士(更新):85,500円

 

これらの費用に旅費などもかかる。

現制度では認定・専門PTの申請と更新に多額の費用がかかっているため、新制度では考慮したい。

新制度

前期研修:無料

後期研修:10,300円~18,000円

認定理学療法士(新規・更新):未定

専門理学療法士(新規・更新):未定

 

「Q」&「A」の紹介

生放送中、各SNS・Youtubeコメント欄に寄せられた質問の一部にご回答いただいています。
その一部を紹介します↓

 

Q:認定理学療法士の人はどうなる?

A:今までやったものは担保される。認定の人は認定のままになるように。

 

Q:(配信で出された)スライドはHP上でアクセス可能か?

A:してない

 

Q:更新料は?

A:正確には決まってない

 

Q:海外の理学療法士は理学療法士と理学療法アシスタントがあると聞いたことがあるのですが、そのようなイメージで良いのでしょうか?先ほど質問しましたが給料にも差が出るのでしょうか?

A:会員100%になれば、そういう形にもなっていくのではと思う。
給料については、経営者がどうとるか。登録理学療法士を取得した人の質が(取得していない人よりも)良ければ・・・患者さんから、「登録理学療法士を取得しているPTの方が良い」という声が出れば出るほど実現することと思う。

 

Q:実地研修とは、どのようなことを行うのでしょうか?もし指導者が必要なのであれば、それは登録理学療法士もしくは認定・専門理学療法士がなるのでしょうか?

A:そのとおり

 

Q:研修は無料でいいと思いますが、運営スタッフにはきっちり報酬を払うべきです。

A:そのとおり

 

Q:登録理学療法士って、社会に認知されるのは何年後だと斎藤副会長は考えていますか??

A:早い人は5年。もしかしたら40年しても認知されないかもしれない。最終的には自分がフィットすれば良いと思う。
そのプラットフォームは作る。ライフデザインとして、フィットできるように利用して欲しい。

 

Q:eラーニングはネット環境がない会員はどうしたらいいでしょうか?

A:重大なご指摘。想定していなかった。

 

Q:登録理学療法士獲得後、認定理学療法士を取ることの最大のメリットはなんでしょうか?

A:差別化。自分の証をどこに置くか。それに利用していただければ。

 

Q:登録理学療法士の更新は猶予期間がありますか?介護、育児などの状況を考慮するなど。

A:様々なライフイベント考慮して検討中。

 

Q:eラーニングと対面のポイント差は?

A:ない

 

Q:今年度の認定必須研修が全領域でeラーニングとならないのはなぜか?

A:講師の先生の許諾が必要。eラーニングを前提に引き受けてない講師もいる。症例を使っていたり。著作権などの問題もある。2021年度にはもっていきたい。

 

終わりに

新制度の検討経緯などを含めて、非常に情報の多い1時間でした。

「新生涯学習制度」が2021年4月から運用開始になりますが、

未だ完全に確定していない部分(登録PT更新について、認定・専門PTについてなど)もあることも知りました。

協会では「新生涯学習制度」に関する意見を募集しています。

下記リンクからどうぞ↓

http://www.japanpt.or.jp/info/20191126_01.html

 

理学療法士にとって、社会にとって良き方向へ進む制度となることを願っております。

前半部分の要約はこちら↓

【2019.12.5配信のまとめ】登録理学療法士制度の意義【前半:半田会長】

 

スポンサーリンク


-PTOT

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.