経理 起業

【起業準備】日頃、レシート管理してますか?【おすすめ方法紹介】

投稿日:

レシート管理1

起業したら、いくら「経理・税務など」が分からなくても

帳簿だけはつけなくてはいけません。

誰かに頼むとしても、「領収書(レシート)管理」だけはしなくては、

頼むこともできません。

ということで、本記事では「レシート管理」について書きます。

 

将来、起業をしようと考えている方は、今から管理してみると良いですよ!

(試行錯誤、練習だと思って、まずはやってみることをオススメします)

スポンサーリンク



レシート管理についてレベル別に紹介していきます↓

※私が勝手に決めたレベルです

レシート管理:レベル0

レシートは管理しない。というか受け取らない、

もしくは受け取ったらソッコー捨てる。という段階。

 

次のレベルを目指すなら → とりあえず、「レシートを受け取る」という気持ちを持つことから

 

レシート管理:レベル1

レシートはとりあえず受け取るようにしてる。しかし

財布に入っていたり、カバンに入っていたり、なかったり・・・

管理しようという気持ちは持っているが、実際はできていないという状態。

 

次のレベルを目指すなら → せめて、どこか1箇所に集め保管しましょう

 

レシート管理:レベル2

レシートの保管はできている状態。

保管はしているが、数が大量になりゴチャゴチャで見返すことはまずないという状態。

「起業後、経理作業は全て誰かに丸投げ」するつもりの方はこのレベルで十分かもしれません。

【保管方法の例】

保存袋(フリーザーパック・クリアファイルなど)

保存BOX

クリップに挟む など

 

次のレベルを目指すなら → 見返しやすい工夫をしましょう

 

レシート管理:レベル3

レシートを見やすい状態で保管できている状態

このレベルに達することがオススメなので深堀りします。

 

私が行っているオススメの方法を紹介します。

結論から言いますと・・・

「A3ノート」にレシートをすぐに貼る

こんな感じです↓

レシート管理

もう少し詳しく説明します。

買い物をしてレシートを受け取ったら、

おそらく「財布の中」か「カバンのポケット」あたりに入れるかと思います。

それを、帰宅後その日のうちに、A3ノートに貼り付けます。

 

・財布の中である程度溜める

・いったん何か袋やBOXに保管(レベル2の様に)

上記のように「溜めてから後でいっぺんに貼り付ける」という考えはダメです。

 

「その日のうちに、貼り付ける」メリットがあります↓

・適当にバンバン貼っても日付順に並ぶ

・「いったんどこかに保管」の作業がいらない

・紛失を防げる

これらのメリットを得るためにも「溜めてから後で・・・」はダメです。

そして、「後でいいや。まだいいや」という気持ちになってしまうので、

いつになってもやらない。「(溜まり過ぎて)やりたくない」となるのがオチでしょう。

 

貼り付ける際のルールはシンプルに下記2つだけです。

①重ね貼りはしない。(極力、レシートを折りたたまない)

②ノリではなくセロテープで貼る。

それぞれの理由を説明します↓

①重ね貼りしない理由

まず「①重ね貼りをしない」理由は

後で見返したいときに、ノートのページをめくるだけでサッと見れるようにするためです。

重ね貼りやレシートを折りたたんでしまっては「レシートをめくる」という動作が増えます。

貼る際にも手間がかかります。ノートをもったいないと思わず、贅沢に使いましょう。

(A3ノート1冊は100均でも買えます)

A4ではなくA3を使う理由もここにあり、A4でははみ出してしまい、レシートを折りたたまなくてはいけない状況があります。

その状況を減らすためにもA3ノートを使うことをオススメします。

 

②ノリではなくセロテープで貼る理由

次に「②ノリではなくセロテープで貼る」理由は

・セロテープの方が速い

・ノリは後で、剥がれる心配がある(だからこそ、丁寧にノリ付けする必要があり時間がかかる)

ノリの方が見た目はキレイかもしれませんが、時間がかかります。

 

理由①・②共に、とにかくスピード重視です。

 

 

基本的にレベル3「レシートを見やすい状態で保管できている状態」であれば問題ないと思いますが・・・

次のレベルを目指すなら → 分類して整理

 

レシート管理:レベル4

「食料品」はココ、「娯楽費」はココ

という風に、しっかりと分類されていたり

すぐに見返したい項目を探せる状態

 

色々なことを考え、工夫や手間を要することになるでしょう。

レシート管理においてここまでは必要ないと思います。

帳簿をつけた先でそのような分類がされ把握できれば良いのです。

(会計ソフトやアプリ、エクセルなどで)

ということで、レベル4は「レシート管理が趣味:コレクター」ではない限り、必要ない。

レシート管理に時間をかけず他のことをしましょう。

 

終わりに・まとめ

レシート管理レベル3「レシートを見やすい状態で保管できている状態」を目指しましょう。

そのために

「レシートは受け取ったその日のうちにA3ノートに貼る」

「雑で良いからセロテープで時間をかけずババっと貼る」

シンプルなルールは強い!是非やってみて下さい!!

 

スポンサーリンク


-経理, 起業

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.