勉強法

【読書法】本は長文読解テストのように読むべし【解説】

更新日:

読書法

今回は「読書」をテーマに私が思うことを書きました。

みなさんはどんな読み方をしていますか?

・空いた時間にちょこちょこっと
・ゆっくりじっくりと
・速読

色々な読み方があるかと思いますが

私の読書法をまとめます⇩

スポンサーリンク


読書の目的

まずは読書の目的を考えましょう。

私の読書をする目的は「学ぶため・自己成長するため」です。

 

なので、ビジネス書や専門書といった本がほとんどです。

小説なんかは1年に1冊読むか読まないかくらい。

(小説や漫画からも得られるものは色々あると思うんですけどね)

 

ということで本記事は「学ぶことを目的」とした

「ビジネス書や専門書」を読むことについて言及します。

 

読書はコスパが重要

どのようにして読むべきか・・・

結論から言いますと「コスパ良く読む」です!

コスパつまり「コストパフォーマンス」を最大にすることを目指します。

読書のコストパフォーマンスそれぞれについて考えてみましょう⇩

「コスト」は「ビジネス書一冊:2,000円」

「パフォーマンス」は「得られた知識・思考」

こんな感じでしょうか・・・

 

これではダメです。

ここで言うコストは「本の購入価格」だけではない!ということが重要です。

 

要するに、「本を読む時間」を消費していることを忘れてはいけません。

堀江貴文氏は「時間はお金とは比べものにならないほど大事」と言っています。

【本紹介】時間革命1秒もムダに生きるな【堀江式時間術】

 

つまり、コストで気にすべきは「既に支払った本の購入価格」ではなく、

「これから読書により消費する時間」なのです。

 

コスパ良い読書とは(まとめ)

【コスト】「A:本の購入価格」+「B:本を読む時間」

【パフォーマンス】「C:読書により得た知識や思考」

Aは変えられない、Bはより少なく、Cはより多く

具体的な読書法を解説します⇩

 

読書法:イメージは「大学入試の英語・国語の長文読解」

大学入試などの試験で、

英語でも国語でも長文読解をした経験はありますか?

私の読書法のイメージはコレです!

 

問題を解くための内容把握をいかにスピーディにこなすか。

ビジネス書だと、いかに速く有益情報を得るかです。

 

入試試験のように「内容把握」と「スピード」両方を意識して集中して読むことが

最もコスパの良い読み方となります。

 

ダラダラじっくりゆっくり読んでいると試験時間(=人生)は終わってしまいます。

 

読書法の具体的方法例:飛ばし読み

具体的に私が意識しているコスパ良く読む方法を1つ紹介します。

 

「分かる部分はより早く、飛ばし読み」がポイントです。

 

多くの本で、著者が言いたい事を提示する際

PREP法が使われていることが多いです。

PREP法とは下記のような文章構成を言います。

(詳しくは→【PREP法(プレップ法)】文章作成力のレベルアップを【解説】

POINT:結論・著者の言いたい事

REASON:理由

EXAMPLE:具体例

POINT:結論・著者の言いたい事

 

ここで、はじめの「P:結論」で著者の言いたい事がスッと理解でき、

更に、次の「R:理由」も自分の思考と同じであれば

「E:具体例」はサッと流し読みで良いでしょう。

ここでいかにスピードアップさせられるかが時間短縮のポイントになります。

 

読書法:一番やってはいけないこと

コスパを考える上で一番やってはいけないことは、

「無駄・無益」な内容と途中で思ったとしても

『せっかく買ったのだからもったいない』と

最後までじっくりと読んでしまうことです。

 

このことを「サンクコストバイアス」と言います。

(詳しくは→後悔しない選択をするために【サンクコストバイアスについて】

 

時間という貴重なコストをムダに消費することはやめましょう。

 

終わりに

今回、紹介した読み方はあくまでも「学ぶこと」が目的の読書であり、

漫画を読んだり「楽しむこと」が目的の読書では、

違った読み方となるでしょう。

目的に合わせた読み方を意識することをオススメします。

 

スポンサーリンク


-勉強法

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.