起業

【パーソナルトレーニング店・経営】アップセル・クロスセル活用例

投稿日:

腕立て伏せ

先日、顧客単価向上テクニックとして「アップセル」「クロスセル」について解説しました。

簡単にふくしゅう⇩

・アップセル:検討している商品より高額な上位モデルをすすめる手法

・クロスセル:他の商品なども併せて購入してもらう手法

もう少し詳しくは⬇︎

【経営】顧客単価向上テクニック【アップセル・クロスセル】

 

本記事では「パーソナルトレーニング店におけるアップセル・クロスセルそれぞれの例」を挙げます。

スポンサーリンク


パーソナルトレーニング店:「アップセル」の例

 パーソナルトレーニング店:「アップセル」の例/

パーソナルトレーニング店における「アップセル」の例を挙げます。

◆「30分ショートコース」から「60分ロングコース」へ

◆「グループ指導」から「マンツーマン指導」へ

◆「平日のみ利用会員」から「毎日利用会員」へ

◆「新人スタッフ」から「人気No.1スタッフ」へ

◆「一般トレーニングルーム」から「VIPトレーニングルーム」へ

このように検討しているメニューより上位モデルを勧める手法になります。

成功すれば顧客単価増加に繋がります。

 

パーソナルトレーニング店:「クロスセル」の例

パーソナルトレーニング店:「クロスセル」の例

パーソナルトレーニング店における「クロスセル」の例を挙げます。

◆トレーニング中に使用する「ドリンク」「スポーツタオル」

(快適なトレーニングにするためのアイテム)

◆トレーニング後の「プロテイン」

(トレーニングの効果を引き出す)

◆パーソナルトレーニング時に使用した「トレーニングアイテム販売」

(自宅でもトレーニングできるように)

◆トレーニング後の「パーソナルストレッチ」

(翌日に疲労を残さない)

◆トレーニング後の「メドマー」

(浮腫みとり)

◆自宅での「トレーニングメニュー作成」

◆「食事指導」「栄養指導」

◆「体組成計測」「体力評価」

このようにメインのメニュー「パーソナルトレーニング」とは「別の商品やサービス」を勧める手法になります。

成功すれば勿論、単価アップに繋がります。

 

終わりに

このようなアップセル・クロスセルのサービスメニューはあらかじめ用意をしておくことが重要です。

パーソナルトレーニングの効果をより引き出すようなサービスを提供して、

あくまでも顧客満足度向上に繋がるようにすることが大切です。

スポンサーリンク


-起業
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.