持論

【朝活】朝を有効活用するために二度寝しない方法【攻略】

更新日:

睡眠

今回は、「二度寝」についてをテーマにまとめました。

二度寝といっても、本記事は

「出勤や通学に遅刻しないため」ではなく、

「自分の時間を作るため」の朝活を目的とした攻略です。

 

なので、

「朝早く起きて、勉強(仕事)しよう!!と思っても二度寝してしまう」

そんな方に読んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク


なぜ二度寝してしまうのか?

まず、なぜ二度寝してしまうのかを考えてみましょう。

仕事に間に合うようには起きられるのに、

プラスαの早起きはできない。

その原因としては・・・

「起きるための意志が弱い」からではないでしょうか?

 

では、意志を強くするための対策を考えます。

二度寝対策:起きる意志を強くする

意志を強くするにはどうしたら良いでしょうか?

対策を4つ挙げます⇩

 

1:何をするか明確に

まずは朝活で「何をするのか」をハッキリさせましょう。

コレが曖昧で

「とりあえず早く起きて、やらなきゃいけない溜まっていることをなんかしよう」

くらいの感じだと、ダメです。

「もう少し寝たい」という気持ちに負けてしまいます。

 

朝起きて、何をするのか例をあげます⇩

・英語の勉強(英単語を10個覚える)
・トレーニングをする(スクワット20回などメニューを決めておく)
・論文を一本読む(読む論文を机に置いておく)
・読書する(10ページ読む)
・ブログを書く(書く内容を決めておく)

このような感じで、何をするかだけでなく、

「どれくらいするのかなどの目標設定」「すぐに作業できるように準備しておく」

といったことまでしておくことが大切です。

こうすることで、朝起きた時に行う内容が具体的にイメージでき、

「〇〇をやらなきゃ(寝てる場合じゃない)」と意志を強くもてます。

当たり前ですが、何をするかを前日の寝る前までに決定しておきましょう。

 

2:目的を持つ

やることに対して目的を持っておきましょう。

・外国人と会話したいから、英語を勉強する
・身体を引き締めモテたいから、トレーニングする
・自分の行う研究の参考にしたいから、論文を読む
・仕事に活かすために、読書する
・知識をアウトプットして定着させたいから、ブログを書く

このように簡単に(一言)で良いから、目的を持っておくと

「今日はやんなくていいや」となりにくくなります。

 

3:ルーティンを作る

これらの朝活に入るまでのルーティンを作っておきましょう。

例えば私は、

目覚まし→布団から出る→口ゆすぐ→水飲む→トイレ→ブログ書く

という流れになっています。

 

起きたは良いが、ダラダラ過ごし、結局何もしてない。

ということでは、朝活する為に早起きしたのに

意味がなくなってしまいます。

 

4:起きる時間を決める

起きる時間を決めましょう。そんなの当たり前と思うかもしれませんが、

私のしている例で解説します⇩

私は朝4:45に目覚ましをセットして起きるようにしてます。

ですが、4:35くらいに目が覚めてしまうこともあるでしょう。

この時に、選択を強いられます。

A「10分あるからまだ寝てよう」

B「起きてしまおう」

朝の寝ぼけている時にこの選択を正しくする力はないはずです。

 

なので、例えば

「4:30を過ぎていれば起きてしまう」

「4:30より前だったら4:45まで寝る」

という感じで前もってルールを作っておきます。

コレ結構、大事と思います!!

 

なお、スヌーズ機能はおすすめしません

「目覚ましが鳴れば起きる!」そう決めておきましょう。

スヌーズ機能があるから、もう少し寝てても大丈夫。

そういう気持ちでは起きられないでしょう。

(意志が弱くなります。というか二度寝のための機能です。)

 

終わりに

今回は、朝活を目的とした二度寝しないための攻略法を解説しました。

最後に対策をまとめます。

・朝起きて何をするのか明確にする

・それは何の為にするのか目的を持つ

・ルーティンを作る

・起きる時間を決める

朝活したいけど、二度寝してしまって上手くいかない方は

是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク


-持論

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.