スキルアップ ホスピタリティ 体験談

【おもてなし】お金の扱い

更新日:

今回は、病院勤め時代には、

仕事で扱うことのなかった「お金」に関する

サービス・ホスピタリティ(おもてなし)の話です。

f:id:kigyou-pt:20190217071137j:plain

私は、整形外科病院での理学療法士としての勤務から独立し、

店舗を構え起業して、約3年になります。

この3年間、お客様とお金の受け渡しをするようになり、

そこで、気を付けていることを今回お伝えします。

結論からお話しすると・・・

スポンサーリンク


お金の扱いに気を付けていること2点

①キレイなお金(特にお札)を渡せるように管理する

②お札の向きをそろえて、管理する(渡す時に向きをそろえて渡すため)

この2点です。

当たり前のサービスにも思えますが、

意識して管理しておかないと、いざお客様を目の前にして、

お金を渡す際に時間がかかってしまいます。

もう少し深堀りします。

①キレイなお金を渡せるように管理する・・・とは

お客様とお金の受け渡しをしていると、

小さく折りたたまれたお札 や 汚れがヒドイお金を

受け取ることがあります。

そのようなお金は、お釣りでお客様に渡してしまうことがないように

別に管理してしまうようにしています。

②お札の向きをそろえて、管理する・・・とは

これを気にせず、お釣りとしてお札を渡していた時、

お客様が

【お札を受け取り、向きを一つ一つそろえてから財布に入れる】

方がいることに、いつの日か気付きました。

私自身は気にした事もなかったことですが、

中にはそのようなことを意識されている方もいるのだと分かりました。

 


私は、100円ショップのアルバイトでレジを経験したことがありますが、

上記のことは、まずしていませんでした。周りのスタッフも。

そこまでお客様をおもてなしするというサービス意識がなかったからだと思います。

(病院勤務時代もここまで、おもてなしを意識していたか・・・

正直できていなかった。)

些細な事でも、お客様に心地よい気持ちになっていただけるよう

努めなければならないと日々意識しています。

これからも、日常の些細な事に注意し、

おもてなし力を磨いていきたいと思います。

スポンサーリンク


-スキルアップ, ホスピタリティ, 体験談
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.