おすすめ本 準備・マインド

お金だけが資産と思っていませんか?【無形資産と有形資産】

更新日:

f:id:kigyou-pt:20190307193045j:plain

おはようございます。起業理学療法士のにっしぃです。

今日は、「資産」について、

世界的に有名な

リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著

【 LIFE SHIFT(ライフシフト) 100年時代の人生戦略 】

から取り上げまとめます。

まず、

資産とは・・・

ある程度の期間にわたり恩恵を生み出せるもの

人生100年時代を生き抜くには、この資産管理が重要です!!

資産について、有形資産無形資産に分け、説明します。

スポンサーリンク


有形資産

資産と言われて多くの人が想像するのは、お金でしょう。

他にも預金、マイホーム、土地、株、貴金属など があります。

これらを有形資産といいます。

 

特徴:値段をつけて売買することができる

・撤回可能性:決定のやり直しが利く(購入した家は売却できる)

・代替可能性:代わりを見つけることが容易(お金を株式に換える)

みなさんは、貯金していますか?

そして自分の有形資産がどれくらいあるのか把握してますか?

老後の見たてはできていますか?

3つの無形資産

有形資産と対して無形資産があります。

どのようなものか想像できますか?

特徴:物理的な実態を欠き、価値の測定、売買が難しい

①生産性資産

仕事に役立つ要素。所得とキャリアを高める。

(スキル・知識・人間関係・評判など)

スキル・知識の向上は、意識しやすいところでしょう。

人間関係や評判は、どうでしょうか?

・人間関係)仕事をする上で、個人の力だけではなく、間違いなくチームとしての力も必要になります。

・評判)〇〇勤務だから、〇〇校卒だから などの所属的要素。次第に本人の行動そのものが評判となる。

これらも、所得やキャリアを高めるために重要なものである。

②活力資産

肉体的・精神的な健康と幸福のこと。

(健康・友人関係・家族など)

仕事が忙しく、活力資産を無視していませんか?

連日の睡眠不足、運動不足で健康状態はどんどん悪化し、

友人関係や家族などに対するコミュニケーションはほとんどなし。

そんな状態になっている方はいませんか?

充実した人生を送るには、これらの要素のことを考えることも重要です。

③変身資産

人生の途中で新ステージへの移行を成功させる意思と能力のこと。

・自分についてよく知っていること

・多様性に富んだ人的ネットワークを持っていること

・新しい経験に対して開かれた姿勢をもっていること

人生が短かった時代は、【教育→仕事→引退】という3ステージの生き方で問題なかった。今までは、一つの仕事につき、勤め続けることが安定しており、美徳とされてきた。(変身資産は重要ではなかった。)

そのため、私たちの親はそれを勧める。(人生が短かった時代と今では違うのに…)

しかし、

人生100年時代になり、仕事の期間が長くなり、1つの仕事だけで終わることができず、“変身”を余儀なくされることもあります。

そのために、変身資産を蓄えることがこれからの世代には重要になります。


さて、PT・OTのみなさんは、このような資産管理はしていますか?

スキルや知識を磨くために、PT・OTの講習会にばかり参加して満足している方も多いと思います。上記に紹介した資産を意識して改めて資産管理をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


-おすすめ本, 準備・マインド
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.