起業

【自費リハビリ起業・実績大公開】メドマーで利益出る?【運用例・成功の秘訣紹介】

更新日:

メドマー

私は、2016年4月よりパーソナルトレーニングトレーニングとボディケアの

自費リハビリ施設を営業しております。

オープン当初から「メドマー」のメニューを提供しています。

そこで、本記事では、「メドマーでどれくらいの売上が出ているのか」をまとめました。

・仕入れ値との比較

・当店でのメドマー運用例

などについても紹介します。

 

メドマー:仕入れ

まずメドマーの仕入れについてです。

当店では「ドクターメドマーDM-6000両脚セットロングブーツ」を使用しています。

仕入れ値は約16万円です。

 

 

 

メドマー:当店でのメニュー料金

当店でのメドマーの料金は「10分:300円」です。

 

メドマー:売上を大公開

当店での2016年4月から2019年11月までの月計売上

リアルな数字で大公開です↓

メドマー売上

 

1ヵ月ごとに累計していくと、下記のようになります。

1年(12ヵ月):約36,000円

2年(24ヵ月):約75,000円

3年(36ヵ月):約15,000円

38ヵ月:約16,000円

メドマー売上計

 

38ヵ月で仕入れ値の16万円を超える売上となりました。

特に修理代などの維持費もかかっていないので、運用費はほぼゼロ円

(厳密に言えば電気代。・・・まぁ、数円でしょう。)

300円のメニューでも「38ヵ月」で仕入れ値の16万円を超える。

 

 

メドマー:運用例を紹介

基本的には上述した「10分:300円」の運用方法ですが、他の方法も紹介します。

◆【ケアトレ】【ダイエットプログラム】のメニューに組み込む(2019年3月以降)

「パーソナルトレーニング・ボディケア:30分」+「セルフトレーニング:30分」のメニュー構成のうち、

「パーソナルトレーニング時間を10分短縮して、メドマーを受けられる。」というサービスを実施。

疲れていてあまり運動したくない、という方に好評。(もちろんメドマーの売上は低下)

◆スタンプカードの特典サービスの1つ(現在廃止)

◆気まぐれに誕生日プレゼントなど、イベントで無料サービス

◆浮腫みの話題からの特別サービス

 

メドマー運用:成功の秘訣

基本的にまず、メドマーを知らない人がほとんどです。

『(実物を見ても)コレは何をするモノ?』という反応が多いです。

300円と低価格ですが、知らないモノに手を出す人は少ない印象です。

 

だからと言って『このメドマー使うと浮腫みとれて良いですよ!300円で利用できます!!』

と商品説明をして勧めるは、「ただ儲けたいだけ」「押し売り」的な印象があり、私は気が進みません。

そして、そのようなセールストークに乗るのは、好奇心旺盛なお客様だけ。

大半はやはり、知らないモノには手を出さない。(浮腫みで困っている人ですら)

 

そこで、有効なのが、上述した運用例。

無料サービスでまず受けて体験してもらうことが有効。

気に入れば、『次回は300円払うのでお願いします。』というお言葉をいただけます。

無料でサービスするのは、売上低下に思うかもしれませんが、将来性をみることが大切です。

 

ここまではセールステクニックとしては当たり前の話かもしれません。

そこで、さらにもう1つポイントを紹介↓

 

決められたサービスではNG

「ポイントサービス」や「メニューとして組み込まれたサービス」など

決められたサービスでは効果が薄いです。

 

『浮腫みで困っている』などの話題から、

特別に無料でサービスするので受けてみませんか?』と勧めます。

すると、お客様には、『特別扱いしてもらえた!』という印象を持ってもらえます。

詳しくは過去記事をどうぞ↓

【起業・顧客サービス】決められたサービスよりも特別なサービスを

 

終わりに

当店でのメドマーの売上と運用方法を紹介しました。

38ヵ月で売上が仕入れ値を超えられます。

メドマーは顧客満足度も高いので、

店舗スペースに問題ないのであれば、利用しない理由はないかと思います。

起業される方、している方、是非検討してみてください!!

 

 

 

-起業

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.