スキルアップ 心理学

【マズローの欲求5段階説】を理解して日常に活かす【解説】

更新日:

マズローの欲求5段階

この記事では「マズローの欲求5段階説」を解説します。

理解を深めれば、自分・他者のモチベーションを向上させることに利用できるかと思います。

スポンサーリンク


欲求5段階説とは

欲求5段階説(自己実現理論)とは、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが、

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、

人間の欲求を5段階の階層で理論化したもの。

人間の心理的行動は、1つ下の欲求が満たされると次の欲求を満たそうとする。

5段階の欲求が以下の5つです

第1段階:生理的欲求

第2段階:安全欲求

第3段階:社会的欲求

第4段階:承認欲求

第5段階:自己実現の欲求

1つずつ説明します。

 

第1段階:生理的欲求

一番下の基礎となる生理的欲求で、生きるために必要な基本的・本能的な欲求。

「食欲」「睡眠欲」など

 

第2段階:安全欲求

安全欲求は、健康な状態であることや、経済的な安定を求める欲求。

 

第3段階:社会的欲求

社会的欲求は、家族や友人、会社、集団などどこかに所属したり、

居場所をみつけたいという欲求。

「愛情と所属の欲求」

 

第4段階:承認欲求

所属している集団から自分の存在価値を認められたいという欲求。

 

第5段階:自己実現の欲求

自らの可能性や能力を最大限に発揮したいという欲求。

 

 

ポイント:下から順に満たそうとする

5つの欲求は下から順に満たされていきます。

簡単に説明すると以下のようになります。

・「食」が満たされれば「安全」を求める

・「安全」が満たされれば「集団に属していたい」という欲求がうまれる

・「属したい」という欲求が満たされれば「認めてほしい」という欲求がうまれる

・「認めてほしい」という欲求が満たされれば「自己実現」の欲求がうまれる

※「食」が満たされていなければ、「承認欲求」や「自己実現の欲求」はうまれない

例えば会社で、

上司が『新人に可能性や能力を発揮してほしい(自己実現)』と思っても、

新人が『会社に認められたい(承認欲求)』の段階が満たされていなければ、

自己実現の欲求はうまれない。つまり自分の可能性を発揮しようと思わない。となります。

 

おわりに

多くの場合は、第3段階までは満たされているかと思います。

そのため、「承認欲求」が満たされているかどうかが重要になります。

「自己実現」を期待する前に「承認欲求」が満たされているかに気を付け、

アプローチしていきましょう。

 

モチベーションについてこちらの過去記事もどうぞ↓

【自己決定理論】「3つの基本欲求」と「動機づけの5段階」を理解してモチベーションを上げよう

【モチベーション革命】今の世代が理解不能。そんな上の世代が読むべき本


参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/自己実現理論

スポンサーリンク


-スキルアップ, 心理学
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.