スキルアップ

【KSKK文章作成法】臨場感ある文章作成のためのテクニック

更新日:

勉強 子供

文章を書くのが苦手だ。

という人の為に、簡単に臨場感や現実味のある文章を書けるテクニックを紹介します。

それは、「KSKK文章作成法」というテクニックで、

「心理マーケティング100の法則」著:酒井とし夫

という本で紹介されていた方法になります。

スポンサーリンク


KSKK文章作成法とは

下記の4つの頭文字をとって作られた手法です。

K:感情
S:思考
K:行動
K:会話(話し言葉)

これらを文章に取り入れると臨場感や現実味のある文章となります。

 

下記に例を挙げます。

KSKK文章作成法の例

【普通の文章の例】「私は部下に怒りを感じて、怒鳴りつけてしまった」(感情+行動)

【KSKK文章作成法の例】

「私は部下の『この書類のどこに間違いがあるんですか』という一言に強い怒りを感じ、

『こんなに一生懸命に教えているのに、なぜ彼はわかってくれないのだ』という悔しさが頭をよぎりました。

次の瞬間に頭に血が上り、手はワナワナと震えだし、思わず相手を怒鳴りつけてし まったのです」

このように、普通の文章(感情+行動)に「思考」や「会話」も挿入することで、

その場の状況がわかりやすく、臨場感のある文章になります。

 

書き手としては、イメージできていたとしても、

読み手にとっては理解できず、共感してもらえないことがあるかと思います。

そのような理解不足を防ぐためにも有効な方法です。

 

終わりに

私は、例に挙げた「普通の文章」のように簡潔な文章が多いと自分自身で思っています。

状況に応じて、今回のような臨場感のあるような文章を使うために、

「KSKK」の視点で文章を補足できればと思います。

日常会話にも取り入れられれば、トークレベルが上がるかもしれませんね。

スポンサーリンク


-スキルアップ
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.