PTOT 持論

若手が後輩指導する際のポイント「〇〇に注意」

更新日:

後輩指導

本記事は「後輩指導」についてをテーマに書きます。

私は理学療法士として7年間病院勤務後、独立起業し5年目になります。

特に病院勤務時代の話です。

スポンサーリンク


後輩指導:私の実績

まず私自身の実績を紹介します。

急性期整形外科病院での役割です↓

1年目:新人

2年目:新人指導係

3年目:新人指導係の指導

4年目:新人指導係の指導

5年目:新人指導係3名の指導

6年目:チームリーダー(5名チーム)

7年目:PT統括リーダー(3チームの統括)

上記の通り直接の「新人指導係」ももちろん、

何人もの「新人指導の指導」をしました。

 

学術的な教育としては、メインで指導した回数は下記の通り。

支部症例発表の指導:3回

研究・学会発表の指導:7回(PT道学会3回、OT道学会2回、股関節学会2回)

論文執筆の指導:4回(北海道理学療法2回、Hip-Joint2回)

後輩指導の実績というとこんな感じです。

 

病院勤務の7年間である程度は実績を積んできたと思っています。

そんな中、私が感じた「若手が後輩指導する際のポイント」をお伝えします。

 

若手の後輩指導で起こる問題

結論から言いますと、「知ったかぶり指導」です。

どんな問題に繋がるかというと、

・後輩が患者様に不適切な介入をしてしまう

・後輩が「知ったかぶり指導」に気付き、指導者は信頼を失う

・後輩はストレスを抱える

このように「患者様」「指導者」「後輩」それぞれに生じる問題があります。

 

「知ったかぶり指導」は何故起こる:原因と必要性

「知ったかぶり指導」が何故起こるのか考察をします。

「先輩風吹かせたい」というのが大きな要因かと思います。

ただそれは、100%悪いことだとは思いません。

先輩としての威厳を守り、憧れる存在(何でも分かる凄い先輩)

にならなくてはいけないということもあるでしょう。

なので、一時的には「知ったかぶり」も必要かもしれません。

しかし、大切なのは早急に知識を補填し「有意義な指導」をしなくてはいけません。

若手指導者はこの点が本当に大変だと思います。

指導できるレベルまで持っていかなくてはいけないのですから。

それを楽して「知ったかぶり」のままではいけません。

 

「知ったかぶり指導」:良くない流れ

①指導者自身が分かっていないのに『〇〇のこと調べて勉強してこい!』という指導をする。

②後輩は調べてきて、指導者に報告しても、指導者から大したフィードバックがもらえない(指導者が分かっていないのだから、フィードバックができない)。

この流れが最も良くない流れで、後輩側は一気にストレスが溜まります。信頼関係を失います。

ただこの流れはよくあります。

それだけ、若手指導者は知識を補填する苦労を乗り越えられません。

スポンサーリンク


知識の補填が厳しいなら:対応

後輩から質問され、指導者自身が分からない場合の対応をまとめます。

①:早急に知識を補填

②:①が難しければ、一緒に学ぶ

③:①・②が難しければ、素直に分からないことを伝え、後輩に勉強してもらい教わる

基本は①です。

しかし、「早急に」が厳しければ、「②一緒に学ぶ」という方法もあります。

そして、そういった時間もないような状況では、「③素直に分からないことを伝え、後輩から教わりましょう(頼りましょう)」

そして頼られた後輩はモチベーションも上がるかもしれません。

ですが、②・③ばかりではダメです。

『この先輩、全然頼りにならない』となってしまい信頼を失います。

だから、基本は①です。

 

終わりに

若手が後輩指導する際のポイントは「知ったかぶり指導に注意」でした。

当たり前に思うかもしれませんが、非常に多いです。

若手が知識が足りないのは当然です。

だから、「早急に知識を補填する」これが重要であると思います。

そして、これを継続して後輩指導していると、格段にレベルアップします。

「指導できる」レベルまで勉強するのは大変ですが、自分の成長に繋がります。

スポンサーリンク


-PTOT, 持論

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.