スキルアップ

頭が良いってなに?流動性知能と結晶性知能とは

投稿日:

思考

 

こんにちは。起業理学療法士の西島紘平です。

先日、メンタリストDaiGoさんの動画

「頭が良い(知能の高い)人のモノの覚え方は・・・❝ ざっと全体を覚えるのが得意 ❞」

という内容の投稿をしていました。

それきっかけで、「知能(流動性知能と結晶性知能)」についてまとめました。

「頭が良くなりたい!」そんな人もまずは知能について理解を深めましょう!!

スポンサーリンク


 

流動性知能 と 結晶性知能

脳

 

心理学者レイモンド・キャッテルが、知能を以下2つに分類

・流動性知能

・結晶性知能

流動性知能とは

新しい場面への適応に必要な問題解決能力・動作性の知能

(例:計算力・暗記力・思考力・集中力 など)

これらの能力を応用して、『どう解決すればよいか』『どう対処すればよいか』を考え行動することができる。

一般的には、25歳頃ピークになり、その後低下していきます。

しかし、鍛えることもできます。

例えば下記のようなものもあります!

作業記憶と呼ばれるワーキングメモリを鍛える方法↓

 

結晶性知能とは

過去の経験(学校教育・仕事・社会生活)に基づいた知能。

主に言語能力。

(例:言葉の分析、単語力、語学能力 など)

・過去の経験が土台なので、加齢による低下が少ない。

・流動性知能の高い人が、結晶性知能をより発達させることができる。

 

知能を保つには

上述したように特に流動性知能は加齢の影響を受け、衰えていくものです。

そんな中でも、知能を保つために重要なことをまとめているものありましたので、

下記にメモしておきます。

・抑うつにならない

・経験への開放性を高くもつ

参考:https://www.tyojyu.or.jp/net/topics/tokushu/koureisha-shinri/shinri-chinouhenka.html

 

 

スポンサーリンク


-スキルアップ
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.