体験談 経理

【経理】健康保険の扶養家族について

投稿日:

f:id:kigyou-pt:20190303054340j:plain

こんにちは。起業理学療法士のにっしぃです。

 

私は、法人を設立し、従業員は、役員2名(夫婦)です。

今年度、役員報酬を変更しようと思っており、

その関係で、「扶養家族」について調べたので、投稿します。

 

 

扶養家族にできることを忘れていた・・

経理について独学で行っている私ですが、

前は、夫婦共に病院に勤めており、

独立・起業してからも、初めは役員報酬がそれぞれ20万円ずつだったため、

「扶養家族」という制度を全く意識していませんでした。

その後、役員報酬は、減額したのですが、

「扶養家族」にできることを忘れていました。

(忘れていたというより知識がなかっただけか・・・)

 

妻を扶養家族とすることで、健康保険料の支払いは1人分で済むことになります。 

国民年金の支払いも厚生年金ではなく、第3号被保険者となり妻の分は不要になります。

 

メリット・デメリットあると思いますので、どちらが良いかは明確ではありませんが、

このような制度を知らずに過ごしてしまっていたので、

他の方も同じようなミスをしてしまわないように、投稿しました。

知識がないことは本当に愚かなことだと思いしらされます。 

条件

主に私にとって該当する条件を記載します。 ※他の条件など詳しくは他サイトを参考にして下さい➔健康保険(協会けんぽ)の扶養にするときの手続き|日本年金機構

・年収130万円未満(月収:108,333円未満)

・同居の場合 収入が扶養者(被保険者)の収入の半分未満(※)
※収入が被保険者の収入の半分以上の場合であっても、被保険者の年間収入を上回らないときで、日本年金機構がその世帯の生計の状況を総合的に勘案して、被保険者がその世帯の生計維持の中心的役割を果たしていると認めるときは被扶養者となることがあります。

 

 

役員報酬の変更の際、この条件(月収:108,333円未満)も参考にすべきなのだろう。

まだまだ知識が浅く、勉強しなければならないのは分かるが・・・経理について学ぶことは好きじゃないので気が引けてしまう。効率良くするためには、税理士の先生に教えてもらうことが良いのだろうけども、、、、なんせお金がない。

 

 

-体験談, 経理

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.