経理 起業

【経理】法定調書とは?【経理初心者が解説】

投稿日:

法定調書

1月31日は「法定調書」の提出期限日になっています。

その法定調書について経理初心者目線でまとめました⇩

 
スポンサーリンク


法定調書とは

参考:国税庁ホームページ

法定調書とは税務署・市町村に提出しなければならない資料になります。

簡単にいうと、税務署がお金の支払いの動きを把握するための資料です。

(脱税を防ぐための仕組み)

「源泉徴収票」を税務署に・「給与支払報告書」を市町村に提出します。

【提出期限】支払いが確定した翌年1月31日まで

 

提出書類(まとめ)

あくまでも、私が提出した書類のまとめです。

※事業概要:株式会社・従業員2名(私と妻)

【税務署提出】

・法定調書合計表

・給与所得の源泉徴収票:2名分 ※従業員にも1枚

【市町村提出】

・特別徴収区分表

・給与支払報告書(総括表)

・給与支払報告書(個人別明細書):2名分×2枚*

*給与支払報告書(個人別明細書)は市町村に2枚の提出が必要な理由

1枚ずつ別の管轄で管理する。1枚は会社ごと、もう1枚は世帯ごとに管理されている。

 

「法定調書合計表」「給与所得の源泉徴収票」「給与支払報告書」

それぞれの書類について解説します。

法定調書合計表

下記6種類の法定調書を1枚にまとめたものです。(PDF

①給与所得の源泉徴収票

②退職所得の源泉徴収票

③報酬、料金、契約金および賞金の支払調書

④不動産の使用料等の支払調書

⑤不動産等の譲受けの対価の支払調書

⑥不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書

 

私は、上記「①給与所得の源泉徴収票」のみ作成したので、

それについて解説します。

 

源泉徴収票とは

源泉徴収票とは、給与や退職金などの支払いをする事業者が発行し、

一年間の支払額の正式な証明書となります。

 

・従業員のいない個人事業主のみ提出義務なし

・従業員のいる個人事業主、法人は提出義務あり

 

給与所得の源泉徴収票

源泉徴収票

給与所得の源泉徴収票:PDF

 

給与所得の源泉徴収票には「1年間でいくら給与を支払い税金を徴収したか」が記載されます。

私が記載に関与した欄をまとめておきます⇩

①支配金額(給与額)

②給与所得控除後の金額

③所得控除の額の合計額

④社会保険料等の金額

⑤生命保険料の控除額(内訳も)

⑥源泉徴収税額

【源泉徴収票の提出先】

・従業員:1部

・税務署:1部

 

給与支払報告書

「個人別明細書」と「統括表」があります。

給与支払報告書(個人別明細書)

内容は源泉徴収票と同じです。

【源泉徴収票との違い】

提出先:市区町村に2部ずつ

用途:住民税と国民健康保険の計算

 

給与支払報告書(統括表)

表紙のようなもの。

市区町村ごとに、何人の従業員の個人別明細書が提出されたのか分かるようになっています。

 

終わりに

書類は複数ありますが、「源泉徴収税額」が計算できれば、

それほど難しい書類はありません。※計算については他サイトなどを閲覧ください

生命保険料の控除額などを忘れずに計算に入れましょう。

 
スポンサーリンク


 

-経理, 起業

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.