その他

【北海道マラソン2019】私の走行の記録と反省

更新日:

北海道マラソン2019

「2019年北海道マラソン」が8月25日に行われました。

私は、2017年・2018年から3度目の参加になりますが、

「走行の記録と反省」をまとめます。

自分の為の記録にもなりますが、

他にもマラソンに挑戦しよう

と思う方の参考になればと思います。

スポンサーリンク


通過タイム・過去参加記録との比較

通過タイムを過去記録とともに表にまとめました。

通過地点 2019年 2018年 2017年
スタートゲート 8分08秒 5分16秒 7分21秒
5km 38分 35分 39分
10km 1時間06分 1時間06分 1時間10分
15km 1時間35分 1時間37分 1時間42分
20km 2時間06分 2時間08分 2時間16分
25km 2時間39分 2時間40分 2時間50分
30km 3時間18分 3時間15分 3時間25分
35km 4時間02分 3時間55分 4時間02分
40km 4時間44分 4時間32分 4時間37分
ゴール 5時間01分 4時間47分 4時間53分
順位 10548位 8342位 8664位

号砲(Fブロッグの最後尾)からスタートゲートに至るまで:8分08秒

参加人数が増加・雨天のためかスタートゲートに至るまでのタイムロスが増加している

 

走行ペース

走行ペースを表にまとめました。

2019年 2018年 2017年
スタート~10km 6:36/km 6:36/km 7:00/km
10~20km 6:00/km 6:12/km 6:36/km
20~30km 7:12/km 6:42/km 6:54/km
30~35km 8:48/km 8:00/km 7:24/km
35~40km 8:24/km 7:24/km 7:00/km
40km~ゴール 7:43/km 6:49/km 7:16/km
全体の平均ペース 7:07/km 6:48/km 6:58/km

※31km地点でトイレ:3名ほど並んでおり、2分ほどのタイムロス

30km以降のペースダウンが目立つ(20kmまでのオーバーペースか!?)

 

走行状況と反省

 

天候について

気温17~21.5℃、湿度65~86% (引用元

時より雨が強めに降る時間帯あり。水たまりを避けながらの走行。

「路面の滑り」の注意をアナウンスされていたが、さほど気にならず。

雨対策として、レインコート(カッパ)を着ている選手も見かけましたが、

途中、脱ぎ捨てている選手が多かった。

私的には、多少の雨で濡れるのは、走っている分には気にならなかった。

余程の雨でない限りレインコートは不要

後半、日差しが強くなったが、暑さはそれほどでもなかった。

 

序盤 スタート~30km

序盤は、選手が密集している中、

前方スペースに空きがあれば埋めていくような形で走行。

そのような走行で自然とハイペースであり、身体の調子も良く、

「自己ベストを出せる」という気持ちで、良いペースと感じていた

 

◆ 中間ポイント過ぎ(23km地点)あたり

脚に疲労感を感じ始める。

給水ポイントで歩いて少しゆっくりと給水(歩きたいという気持ちが・・・)

 

◆ 27.2km給食地点

白いバウムの給食:片手に掴み歩きながらじっくりエネルギー補給

 

家族からチョコレート2個・エネルギージェルを受け取りポケットへ

エネルギー補給と歩く時間を作ったことにより、回復

 

中盤 30km~40km

◆ シャツの擦れにより乳首が出血

出血

痛みによるせいか心拍数が上がっていくのを感じる

新しいシャツであり、事前の使用不足。

また新しいシャツは絆創膏で保護するなどのリスク管理が必要か

上腕二頭筋や下腿三頭筋、内転筋などアチコチで

筋肉の異常収縮(ピクピクする)が生じはじめ、

「筋肉がつる」不安を感じる

 

◆ 脚の疲労により(予定外に)度々歩いてしまう

2kmごとの給水ポイント+間に30秒程度+上り坂(3.4回程度)に歩行

 

給水と上り坂以外の「間の歩きの回数を減らす」ことが課題か・・・

今回:10回程度

次回目標:5回までに留める

 

また今年の練習では、30km以上の走行練習が非常に不足

(30km1回、35km1回)

練習結果が本番にしっかり反映されたことを感じました。

「コレは、拷問か・・・」と思うほど、キツかった(笑)

 

終盤 40km~ゴール

終盤のスパートについて

2018年は自己ベスト更新がかかっていたので、

最後の最後まで出し切ることができた。

【2017年】7:16/h

【2018年】6:49/h

【今年】7:43/h

今年は、ある程度のスパートはかけたが、

(自己ベストも見えず)全てを出し切って走り切ることはできなかった。

気持ちの問題ではあるが、自己ベストが見えれば

もう少しは振り絞ることができたと思う(反省)

2019北海道マラソン完走

 

後日の筋肉痛

次の日の筋肉痛部位を下記にまとめました。

下腿三頭筋・前脛骨筋(軽度)・大腿筋膜張筋・大腿四頭筋・腹筋(強め)・背筋・僧帽筋・上腕三頭筋・上腕二頭筋

殿筋の筋肉痛がなく

腰痛も不安要素であったが、生じなかった。

腰痛対策で大会3日前から入念に腰の柔軟体操をしていたのが良かったか

筋肉痛からの課題抽出

・腹筋の筋力不足

・腕の力み過ぎ(?筋力不足?)

・殿筋を使うほどスピードを出せていない?

 

終わりに

とにかく、私個人の一番の課題は30km以上の長距離トレーニングの不足。

これにより30~40km地点のペースダウンを抑え走りきりたい。

来年また挑戦します!!

 

スポンサーリンク


-その他
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.