その他

【日々精進】努力・進歩系の言葉&武井壮・キンコン西野の思考と言葉

投稿日:

日々精進

私は、「日々精進」を座右の銘にしています。

意味は・・・

毎日努力をすること。向上を目指して日々集中して取組むこと。

引用:https://www.weblio.jp/content/日々精進

 

そこで、本記事では、下記内容で「努力」「進歩」について書きます。

・努力系進歩系の言葉紹介

・武井壮さんの習慣と言葉

・キンコン西野亮廣さんの言葉

スポンサーリンク


努力系・進歩系の言葉紹介

努力系・進歩系の四字熟語をいくつか紹介します。

参考:https://idiom-encyclopedia.com/doryoku/

日進月歩:日ごと月ごとに、たえず進歩すること。進歩していくスピードが速いこと。

嘔心瀝血:心臓を吐き血が滴るくらい全力で努力すること。

苦学力行:働いて自らの学資を得て、苦労しながら懸命に勉学に励むこと。

刻苦精励:大変な苦労をして、勉学などにつとめはげむこと。

切磋琢磨:学問・道徳に励みに励むこと。仲間同士互いに励まし合って向上すること。

粉骨砕身:力の限り懸命に働くこと。力の限り努力すること。

粒粒辛苦:努力、苦労をこつこつと積み重ねること

臥薪嘗胆:将来の成功のため苦心・苦労を重ねること

 

まだまだたくさんありますが・・・

次にこんな努力系の言葉が最もふさわしいと思う人の紹介です↓

武井壮さんの習慣と言葉

武井壮さんの習慣

参考:https://forbesjapan.com/articles/detail/27214

芸能界に転身して以来、毎日欠かさず下記のことをしているといいます。

「フィジカルトレーニングに1時間」

「調べもの(知識)に1時間」

「新しい技術の習得に1時間」

計3時間の自分磨きという習慣です。

 

武井壮さんの言葉

参考:https://matome.naver.jp/odai/2136038628819329801

・成長は1番の娯楽だぜ

・毎日、「自分史上最高の自分」でいることが目標

・不安がトレーニングの一番のパートナー

 

上述した「日進月歩」などの言葉の、実践者といえるかと思います。

 

「昨日より進んでいればいい」というわけでもない

「昨日より進んでいればいい」というわけでもない

キングコングの西野さんの言葉です。

参考:西野亮廣ブログ(リンク) 西野亮廣エンタメ研究所voicy(リンク

 

「進んでいること」が確認できると、精神は安定する。

けど、ここで思考停止してはいけない。

 

もし、遥か遠くに目標を掲げているのであれば、目を向けなきゃいけないのは、

「進んでいるか否か」ではなく「どれだけ進んだか?」という「移動距離」

 

西野さんの目標は「ディズニーを超える」

毎日、進んでいても距離が足りなければ目標まで届かない。

がむしゃらに進むだけでなく、日々の「進み」を確認できないことは不安だが、

立ち止まってでもスピードをつける思考をしなくてはならない。

 

終わりに

私は「日々精進」を座右の銘に、

そして武井壮さんを見習い、毎日努力を積み上げています。

しかし、西野亮廣さんの言葉から『「進んでいればいい」というわけでもない』

ということを学び、「日々精進」で安心せず、

何か「賢く」「スマート」にグレードアップさせなければならないと感じました。

とはいうものの、具体的にどうすべきなのかは難しい・・・

 

武井壮さんの体力(気力?気合い?根性?)

西野亮廣さんの知力(発想?思考?)

が欲しい。負けずに、日々精進頑張ります!

スポンサーリンク


-その他

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.