PTOT 持論

【理学療法士】若手でも自分の名前を売る簡単な方法

更新日:

アゲ

「業界で有名になりたい」

そんな風に思うことってあるかと思います。

 

本記事では、私なりの「若手でも理学療法士業界で名前を売る方法」を紹介します。

気持ちさえあれば簡単にできる方法です。

スポンサーリンク


ステップ1:分野を定める

有名になるためには、まず「分野を狭めて定める」ことがポイントです。

「理学療法士業界全体」で有名になるよりも

「理学療法士業界の整形外科領域」で有名になる方がハードルが低くなります。

さらには、「股関節」>「人工股関節置換術(THA)」>「THA後の機能予後」>「THA後の脚長差」と分野を狭めていくと良いです。

 

 

ステップ2:研究(学会発表・論文投稿)をする

学生

有名になるためには、研究活動が近道です。

いきなりハードルが高く感じるかもしれませんが、

質は低くても良いです。

新規性が大切とも言われますが、

過去にされている研究を真似て、

自施設でも同じ結果が出るのかどうかの検証でも良いと思います。

 

とにかく、まず発表することが大切です。

そして、ステップ1で定めた分野で何度も発表します。

1度発表できれば、その内容を深堀りしていけば割とハードルを下げられます。

例を下記に挙げます。

「THA後2週時の脚長差(20例)」

→「THA後2週時の脚長差(100例)」

→「THA後半年の脚長差」

→「THA後半年に脚長差が残存する症例の特徴」

 

ステップ3:学会に参加する

理学療法士の「地方学会・全国学会」もそうですが、

ステップ1で定めた分野の学会に参加すると良いでしょう。

THAが定めた分野だとしたら、「股関節学会」や「人工関節学会」といった学会になります。

そして、もちろん学会に行くだけでは名前は売れません。

文字通り、名前を売る(発表する)ことが必要です。

簡単にイメージがつくところでは、

「質疑応答で発言すること」「名刺交換」でしょう。

 

質疑応答について深堀りします。

質疑応答のポイント

1回発言しただけでは、あまり意味はありません。

何回も発言することが大切です。

さらに、1つのセッションで連続で発言するようにします。

特に定めた分野に関連するセッション(例えば「THA後の脚長差」「THA後の機能予後」)では必ずです(最低2連続。できれば全てに発言)。

例:セッション「脚長差」

1:THA後の脚長差の測定方法

2:THA後の脚長差とROM

3:THA後の脚長差と歩行速度

4:THA後の脚長差とQOL

これら全ての演題に質問する。

 

そうすると、その会場にいる人に『またアイツ質問してる』と覚えられます。

連続で発言する意味はココにあります。

 

また、「脚長差」で有名になりたければ「脚長差」で質問します。

そうすれば、『アイツは脚長差の質問ばっかりだな』と印象付けられます。

例:「外転筋力」がテーマの演題発表でも「脚長差」で質問

→『外転筋力と脚長差との関連はどうですか?』

 

ステップ4:1~3をできるだけ早く(若手時代)に実践する

先ほど、「研究活動は質が低くても良い」と言いましたが、

それは、若手の内に実践するからです。

 

例えば、同じ質の低い発表でも、経験年数により聴衆者の印象は変わります。

1年目の質の低い発表→『若いのに発表して凄いなぁ』

10年目の質の低い発表→『微妙な発表だな・・・』

 

質疑応答での発言も同じです。

質疑応答は「限られた貴重な時間」です。

ベテランPTがしょーもない質問をするわけにはいきません。

ですが、若いうちは空気を読まず、質問しても許されます。

 

そして、研究発表も質疑応答も

経験する(回数をこなす)ことで質が上がっていくものです。

A:「3年目で5回目の研究発表」

B:「6年目で初めての研究発表」

質はAの方が高くなることでしょう。

 

「研究発表はもっと知識をつけてからやろう」

そんな風に思っている人も多いかと思います。

しかし、ベテランになるほど、ハードルは上がっていきます

(なので結局発表できずに時が過ぎます)

何事も早いうち実践!!いつまでも準備では進まない

 

番外編:ブログ・Youtubeを利用する

youtube

今の理学療法業界では、あまり効果的ではないかと思います。

有名になっている人も私は知りません(知らないだけかもしれませんが)。

ですが、可能性は秘めているでしょう。

まだ、それほど有名な人がいないからこそ、チャンスな領域なのかもしれません。

 

これは、今すぐ実践できることです。

本気の人は実践してみてはいかがでしょうか?

 

終わりに

あくまで、私が思う「若いうちに名前を売る方法」を挙げています。

若いうちは「分野を絞らない方が良い」「研究より大切なことがある」

など色々な考えがあったりもするかと思いますが、

参考の1つになれば幸いです。

 

スポンサーリンク


-PTOT, 持論

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.