幸福学

【幸福学】楽観的思考を手に入れる方法【説明スタイル】

更新日:

モチベーションものごとを楽観的に捉えられるか否かは、

人生の成功や幸せに差が出ると言われています。

ものごとの捉え方のことを「説明スタイル」といい、

この記事では、「楽観的説明スタイル」「悲観的説明スタイル」について説明します。

スポンサーリンク


楽観的説明スタイル

良いことが起きた時、下記の様に捉える。

・内的(自分自身)

・永続的(今後も続く)

・普遍的(あらゆる場合に作用する)

悪いことが起きた時は、下記の様に捉える。

・外的

・一時的

・限定的

 

 

悲観的説明スタイル

楽観的説明スタイルの逆の捉え方をする。

例えば、

仕事が上手く行かなかった(悪い出来事)

・自分は口下手だから失敗した(内的)

・すぐに直らないから、これからも続く(永続的)

・口下手だから仕事だけでなく、友人関係も上手くいかない(普遍的)

 

 

終わりに

楽観的思考をするか否かは、生まれながらの性格だけではなく、

この「説明スタイル(捉え方)」を変えることにより、

悲観的思考の人も楽観的思考になれるそうです。

楽観的説明スタイルを覚え、日常的に活かすようにしていただければと思います!!

 

参考図書

 

 

関連記事としてこちらもどうぞ↓「完璧主義」の話です。

人生を幸せな方向に導く「選択術」

 

 

スポンサーリンク


-幸福学

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.