おすすめ本 その他

【コストベネフィット】時間をお金に置き換える

更新日:

時間とお金

「コストベネフィット」という時間をお金に置き換えるという考え方をお話しします。

参考図書↓↓

目次

スポンサーリンク


時は金なり(Time is money )

「時は金なり(Time is money)」この意味は分かりますか??

アメリカのベンジャミン・フランクリンが1748年に若者に向けて放った言葉で、

「時間はお金と同じように大切である」

「時間は有意義に使うべきである」

という意味です。  参考サイト:https://biz.trans-suite.jp/6496

まずは、時間は重要なものであることを再認識していただきたいと思います。

時間の名言

時間に関する名言をいくつか並べてみました。

参考サイト:https://matome.naver.jp/odai/2135207973187677001

・『人間、誰しも持っているものが時間です。』(バルタサン・グラシアン)

・『時はその使い方によって金にもな鉛にもなる。』(ブレヴォ)

・『あなたの持っている最大の資源は時間なのです。』(ブライアン・トレーシー)

・『人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない』(ダニエル・カーネマン)

人生の時間を考える

時間

時間は有限であるということを認識するために、色々な時間を計算します。

<1ヵ月・1年を時間で表すと>

1ヵ月=24時間×30日=720時間

1年=24時間×365日=8760時間

 

<人生>

100歳まで生きるとすると・・・

24時間 × 365日 × 100年 = 87万6,000時間

※30歳の方の残りの人生(時間)は・・・

87万6,000時間 - 26万2,800時間 = 61万3,200時間

 

<人生の睡眠時間>

1日の睡眠時間:6時間とする

6時間 × 365日 ×100年 = 21万9,000時間

 

<人生の仕事時間>

1日の仕事時間を12時間(週休2日)、22歳~65歳(43年間)働くとする

12時間 × 261日 × 43年 = 13万4,676時間

時間は有限であり、貴重なものであると感じてもらえたでしょうか??

では、ここから、「コストベネフィット」の話です。

お金で時間を買う

時間を買う

お金で時間を買うと言われて、すぐにイメージ(具体例)はつきますか?

例えば、

・自動化する物を買う(自動食器洗い機、自動掃除機)

・業者などに頼む(エアコン掃除・窓ふき・経理書類作成)

・ネットで買い物をする

・歩かずにタクシーを使う

・再利用しないで買う(使用した雑巾を洗って再利用しない)

こんなことが思い浮かびます。

『こんなことは、ただの贅沢』そんな風に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も、どちらかというと時間をかけてでもお金を節約する思考でした。

ただの贅沢??

贅沢かどうかは、人によって違うのかと思います。

それは、人によってお金を稼げる能力が違うからです。

「自分にとって1時間はいくらなのか(1時間でいくら稼げるのか)」ということを考えます。

例えば

・【学生時代のバイト】時給1000円

1時間=1000円

・【PT1年目】月収:22万・月の勤務日数:21日・1日の勤務時間:10時間

1時間=1047円

・【PT7年目】月収:30万・月の勤務日数:21日・1日の勤務時間:10時間

1時間=1428円

こういった具合に人によって1時間で捻出できる金額は違いますので、

自分の1時間がいくらなのか簡単に計算してみると良いと思います。

 

コストベネフィット(時間をお金に置き換える)

時間をお金で買う
次に【コストベネフィット】時間をお金に置き換える ことにまで落とし込みます。

例えば、1時間1400円稼げる人だと

A:店頭まで行くと1時間かかる買い物を送料600円かけてネットで購入する(1時間を600円で買う

B:30分かけて遠いお店に20円安い物を購入する(30分をかけ20円を得る、10分:20円1時間:40円

C:2時間かかる掃除を1万円かけ業者に頼む(1時間:5000円

1時間を1400円の価値と考え比べると、

AやBは時間の無駄遣いということになります。

逆にCはお金の無駄遣いになります。

このように行動に費やす時間をお金に換算し、その選択が選ぶに足る価値があるかを比べる方法【コストベネフィット】です。

他の例では、

D:120分かかる無益な飲み会に2800円かけ参加する(120分という時間も2800円も失う

2時間(2800円)+2800円=5600円を失っている。

または、2時間+2800円(2時間)=4時間を失っている。

という考えになります。

このように考えると、自分の行動を行うべきか行わないべきか判断するのに、お金の価値だけでなく、時間の価値も判断基準になります!

スポンサーリンク


-おすすめ本, その他
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.