コーチング

【コーチングスキル】傾聴スキルの基盤となる来談者中心療法の考え方

更新日:

傾聴

コーチングスキルの最も基本となるスキルに「傾聴」があります。

この傾聴というスキルは、

コーチングの他にカウンセリングの基礎となっているのですが、

これは「来談者中心療法」という心理療法からきているとされています。

この傾聴の起源となる「来談者中心療法」について理解を深めたいと思います。

スポンサーリンク


 

来談者中心療法(クライアント中心療法)

1940年代にカール・ロジャースらにより提唱された心理療法です。

「人は誰でも自らの内部に、自己を成長させ、実現させる力を持っている」

という考え方。ポイントを簡単にまとめると

■ 分析・解釈をしない、クライアントの気持ちを共感的に理解する

■ 指示・教育をしない、クライアントは自ら立ち直り成長していくことが可能

名称は「非指示的療法 → 来談者中心療法 → 人間中心療法 」へと改名されている。

 

ロジャーズの3つの態度条件

3

1.自己一致

カウンセラー自身が心に感じたことと態度に不一致がないようにする。

うわべだけの態度にならず、ありのまま純粋な態度でいる。

それにより、クライアントもありのままに心を開くことが出来ます。(信頼関係が構築される)

 

2.無条件の積極的尊重

善悪や好き嫌いといった評価をせず、

クライアントの感情・考え・行動を無条件に受容します。

積極的に人を尊重するということ

 

3.共感的理解

クライアントが事実をどう受け止めているかを理解する態度

何を考え、感じているか、 自分自身の行動をどう受けとめているかを

治療者は、観察するだけではなく、共に体験するよう努力する。

決して治療者の目線(経験や感情)から判断してはいけない

【共感の例】

クライアント:「あの人、嫌」

治療者:「嫌な思いをしたのね」

 

「同感」・「同情」との違い

同感・同情の意味を学び、共感についての理解を深めましょう。

 

同感:相手と同じ受けとめをする

【同感の例】

クライアント:「あの人、嫌」

治療者:「私もそう思う」

同情:自分の目線(自分の体験や記憶)から理解し、

相手の感情と同じになること。(哀れみの感情が入る)

相手が悲しい・苦しい気持ちなら、自分も悲しむ、苦しむこと

【同情の例】

クライアント:「恋人と別れてツライ」

治療者:「私も別れた時ツラかった。可哀想に」

 

 

来談者中心療法のNG対応例とOK対応例

上述した内容が分かる例を挙げます。

相談者(クライアント):「今まで私は誰にも受け入れられたことがないのです」

カウンセラー:

【NG対応】

「そんなことはないでしょう」「少しは愛してくれた人がいたのではないですか?」「なぜそう思うのですか?」と論理的に返す

結果としてクライエントは、「否定された寂しい」という陰性の感情を持ってしまう

【OK対応】

「それは辛かったですね」「悲しかったですね」「なるほど」と感情面に焦点をあて反応する

クラアエントは、今自分が感じていることが受け入れられたと感じられる。

その結果、本来持っている自己実現の力が戻り、問題が解決していく。

 

参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/来談者中心療法

アド ラー心理学を理解するための、 臨床心理学の基礎の基礎( 3 )

 

 

スポンサーリンク


-コーチング

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.