コーチング

【コーチングスキル・傾聴】3つの「きく」正しく使って「聴き上手」になろう

更新日:

聴く

コーチングで最も重要である傾聴スキルについて理解を深めます。

話を「きく」というのには3種類あります。

それぞれを学び、傾聴に必要な「きく」を学びましょう

3つの「きく」

問題です!!3種類の話を「きく」とは分かりますか?(漢字でご回答ください)


①訊く ②聞く ③聴く

 

まず、これらについて解説していきます。

 

スポンサーリンク


 

①訊く(ask)

 

自分が相手に尋ねます(質問します)

訊き手が訊きたいことを訊く

分かりやすい例が刑事の取り調べのイメージです。

②聞く(hear)

 

電車

「聞く」とは、「自然に聞こえてくる」「音として耳に入ってくる」ことを示します

興味のないことは「うわのそら」状態となります

聞きたいことだけ聞くことです(自分のため

③聴く(listen)

 

積極的に耳を傾けて、話を全て聴きます

話し手の考えや心情をも読み取ろうとします

聴くは自分の興味あるなしに関わらず、相手のために聴きます(主役は話し手)

 

傾聴の3段階

傾聴の字は「聴」を使うことからも上記の3つの「きく」のうち、

「聴く(listen)」が基本になります

その中でも傾聴を3段階に分けて説明します。

第一段階:100%聴く

相手に対して先入観や固定観念を持たず、100%向き合う。

目の前の相手とは関係のない事(お腹空いたなぁ。お昼何食べるかなー。など)は考えず聴くことに専念します。

 

第二段階:積極的傾聴・質問

積極的傾聴や質問をします。

積極的傾聴:「うなずき、あいづちなどの傾聴スキル」を使って、相手が話しやすい状態を作ります。

質問:「相手の為に」行います。自分が「疑問に思ったこと・聞きたいこと」ではありません。

 

第三段階:引き出す

「どうすれば相手が自分の能力に気付き、その能力を発揮できるか」を考え、引き出します。

指導・誘導するのではなく、あくまでもコーチングの基本

答えは相手の中にあり、相手はまだ気づいていないだけ」という考えを忘れないようにします。

 

 


「話をきく」にも色々あることが分かりますね。

コーチングを行うためには、まずは「聴く」ことから見直してみましょう!!
スポンサーリンク


-コーチング

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.