心理学

【カリギュラ効果】について書いてますので、この記事は絶対に見ないでください!

更新日:

不良

「絶対にしてはいけない」と言われると「したくなる」

そんな経験はありませんか?

この記事のタイトルも「絶対に見ないでください!」としてみました。

「見てみたい」と感じた方も中にはいるのではないでしょうか?

このような心理「カリギュラ効果」を解説します。

スポンサーリンク


カリギュラ効果とは

好奇心

カリギュラ効果とは「禁止されるほどやってみたくなる心理現象」のことです。

 

カリギュラ効果の語源

ローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにした1980年の映画『カリギュラ』が語源。

映画の内容が過激であったため、一部地域で公開禁止になり、それがかえって話題になった。

このことから、禁止を破りたくなる心理を「カリギュラ効果」と呼ぶようになりました。

 

昔話でも

この「カリギュラ効果」

誰しも知っている昔話でも目にしたことがあると思います。

【鶴の恩返し】:『絶対に見ないでください』→ 覗いてしまう

【浦島太郎】:「絶対に開けないでください」→ 開けてしまう

 

カリギュラ効果はなぜ起こる?

なぜ、このようなカリギュラ効果は起こるのでしょうか?

人は自分の行動や思考は、自分の意思で自由に決めたいという欲求を持っています

そのため、自分の意思や行動の自由を制限されるとストレスを感じ、自由を回復しようとするのです。

※ この反発作用のことを、「心理的リアクタンス」といいます。

 

心理的リアクタンスに関連する心理現象

「心理的リアクタンス」に関連する心理現象は「カリギュラ効果」の他にも、

下記のようなものがあります。

ブーメラン効果:説得されるとかえって反発が強くなる

ロミオとジュリエット効果:障害があることで益々目的を達成したい気持ちが高まる

 

カリギュラ効果を使ったキャッチコピーやその他の例

ブログタイトルなどのキャッチコピーやその他の例を挙げます。

「絶対○○しないでください」

「買わないでください」

「心臓の弱い人は絶対に見ないでください」

「人気のため、口外禁止」

・雑誌の袋とじ

・お笑い:『絶対に押すなよ』(ダチョウ俱楽部の熱湯風呂)

・いたずら:『ピンポンダッシュ』(押しちゃダメと言われると押したくなる)

 

セールスに使う時のポイント

1.簡単に反発できる禁止条件にする

条件が厳しすぎて、反発する気がなくなってしまっては元も子もありません。

例:「本気ではない方はご遠慮下さい」→「私は本気!!と簡単に反発できる」

 

2.禁止の理由を説明する

理由がないのに禁止をしても説得力がありません。

例:「数に限りがありますので、本気ではない方はご遠慮下さい」

 

終わりに

カリギュラ効果は、セールスなどの「交渉事」やブログタイトルなどの「キャッチコピー」に胡散臭くなく上手く使えると、絶大な効果を発揮できるかと思います。

 

スポンサーリンク


-心理学

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.