おすすめ本 幸福学

【おすすめ本紹介】前野隆司著:実践ポジティブ心理学【要点のまとめ】

投稿日:

実践ポジティブ心理学

幸福学についての研究者として有名な

前野隆司先生の本【実践ポジティブ心理学 幸せのサイエンス】を紹介します。

 

スポンサーリンク


ポジティブ心理学とは

ポジティブ心理学は、普通の健康状態にある人が「どうすればもっと幸せになれるか?」を追求した分野です。

「Well-being:心身ともに充実した、より良い状態」が目指すべき姿。

「マーティン・セリグマン」がポジティブ心理学の概念を発表(1998年)

 

臨床心理学との違い

臨床心理学は、精神病など心の病に対処するもの

スポンサーリンク



ポジティブ心理学で重要なポイントをいくつか解説します。

100%ポジティブでいる必要はない

ポジティブ感情とネガティブ感情の比率が「3:1」であれば、

人生のあらゆる面で好転していく。

※もっと1:1に近いのでは?という議論もある(いずれにしてもポジティブの方が多い)

ネガティブ感情も必要

・「ここが良くない」と分かることで、より良くしようとする

・良いストレスは人を成長させる

例:勉強・筋トレ・夢や目標に向かって頑張る

 

「レジリエンス」を高めることが大切

レジリエンスとは、一言で言うと「回復力」で、

「心が折れそうになったものが戻る力」

例:レジリエンスが低いと、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になりやすい

 

幸せの大切なポイント「フロー」

幸せには、「長期的な幸せ」と「短期的な幸せ」がある

『幸せな人生だなぁ』・・・長期的

『今、楽しくて幸せ』・・・短期的

「長期的な幸せ」が満たされることが大切だが、

「短期的な幸せ」の積み重ねでもあるので、こちらも大切。

 

短期的な幸せの要因の一部として下記を挙げています。

「感動」と「フロー」

「感動」:ステキな映画を見て・美味しいご飯を食べて打ち震えるような感情

「フロー」:していることに完全に浸りきって集中している精神状態

フローに入るためには、下図のように「能力とタスクのバランス」が重要。

フローグラフ

 

フローに入っていると、時間も疲れも忘れ、充実感を味わえる:「短期的な幸せ」

 

マインドフルネスによりネガティブ感情を減らす

マインドフルネスとは「ここに心を集中する」ことで、心を整えること。

過去を後悔したり、未来を不安にならない

 

ポジティブ心理学:まとめ

(本書に書かれているほんの一部だが、)

以上のポイントをまとめると・・・

マインドフルネスやレジリエンスを高めることで、

自分の中のポジティブ感情を増やしつつ、適度なストレスやネガティブ感情を与え、

「フロー」状態に入り、充実した時間を過ごすことにより、「長期的な幸せ」を得られる。

 

この他にも本書には、幸せになるための様々な知識や実践テクニックが盛り沢山です。

とても読みやすく分かりやすい内容になっているので、

科学的知見に基づいた「幸福学・ポジティブ心理学の知識」をつける入門書として、

とても良い本だと思います!

 

 

前野隆司先生の「幸せの四つの因子」について書いた記事もどうぞ↓

【幸福学】幸せになれる4つの因子・働くことは幸せ?

スポンサーリンク


-おすすめ本, 幸福学

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.