おすすめ本

【おすすめ本紹介】人生を変える記録の力【メンタリストDaiGo】

投稿日:

記録の力

2019年9月19日に出版された

メンタリストDaiGoさんの本「人生を変える記録の力」

について紹介します。

 

この記事では、下記の内容で紹介してきます。

「人生を変える記録の力:記録の目的」

「11CHAPTER と 33のテクニックの例」

「前に進んでいる感覚でモチベーションをつくる:クイック・ウィン分析」

「寝る前の5分でストレスによる不眠を防ぐ:就寝ToDoリスト」

 

人生を変える記録の力:記録の目的

記録の目的というと、普通は「メモ」や「ノート」、「アイディア出し」

といったところが思い浮かぶと思います。

 

しかし、この本で紹介する記録の目的は以下のようなことです。

  1. やりたいことをみつける
  2. モチベーションを高める
  3. ストレスに強くなる
  4. 問題解決能力をつける
  5. 人間関係の悩みを解決する

記録でこんなことが目的というのは、

予想外のものばかりではないでしょうか?

 

本書の紹介とは脱線しますが、

記録といえば、「前田裕二著:メモの魔力」では、

『メモをただの記録では終わらせない。知的生産のためにメモをとる』

といった内容もありましたが、DaiGoさんの本はそれともまた全く別の切り口です。

【メモの魔力を読んで】メモをただの記録としてだけで終わらせない

 

11CHAPTER と 33のテクニックの例

本書では、33ものテクニックを11のCHAPTERに分け紹介されています。

  1. やりたいことを見つける
  2. モチベーションを上げる
  3. 「失敗したら」を乗り越える
  4. 不安と恐怖をエネルギーに変える
  5. 優柔不断をなくす
  6. ネガティブ思考を乗りこなす
  7. ストレスに強い心を育てる
  8. 無駄に悩まなくなる
  9. 人間関係がラクになる
  10. 問題解決力をつける
  11. 試練を乗り越える力をつける

 

例えば・・・

「達成感」と「喜び」を記録する:【行動ダイアリー】

人生を見失いそうになったら:【アクトバリュートレーニング】

プレッシャーに潰されそうになったら:【責任パイチャート】

優柔不断をなくす:【行動プライオリティベクトル】

無駄に悩まなくなる:【自動思考キャッチシート】

こんな感じで、テクニックが盛りだくさんです。

 

本記事では、2つのテクニックを紹介します。

クイック・ウィン分析

「前に進んでいる感覚でモチベーションを作る」というものです。

モチベーションアップで大切なことの1つ、「小さな進歩」があります。

「クイック・ウィン」というのは、「小さいけどスピーディーな成功体験」を意味します。

実際の記録の例を下記に挙げます。

プロジェクト クイック・ウィン 難易度 インパクト 合計スコア
貯金する 請求書確認 16
家計簿アプリで管理 15
通信費の見直し 10
格安simにする 5
ダイエットする 食事を記録する 8
体重計を買う 20
お菓子は1日1回まで 10
タンパク質を増やす 4

表の記録の仕方を説明します。

【プロジェクト】:最終ゴールを書く

【クイック・ウィン】:プロジェクトに対し、手軽に進捗を実感できそうな行動や結果を思いつく限り書く

【難易度】:クイック・ウィンに対する難易度です。

(簡単に達成できそう:5点、難しそう:1点)

【インパクト】:クイック・ウィンを達成したら、プロジェクトにどれくらいの影響があるかを5点満点で採点。

(影響大:5点、影響小:1点)

【合計スコア】:「難易度」と「インパクト」の点数をかけて算出。

すべての記入が終わったら、合計スコアが大きいクイック・ウィンから手をつけていく。

 

就寝ToDoリスト

寝る前の5分、「次の日にやらなきゃいけないこと(ToDoリスト)」を書くと、

睡眠の質が向上するというものです。

 

寝る時に「未消化のタスク」があると、無意識に浮かんできてしまう。

これを、寝る前にToDoリストとして書いておくと、

まるでタスクが完了したかのように、安心して眠れるとのこと。

 

ということで、

ToDoリストは、「寝る前」に作成する!!

ことが良いでしょう。

 

これは、私も既に実践していました。

日々、『何かを積み上げなきゃ』と思っている人には、

効果的なテクニックと思います。

寝る前にこれをやらないと、

『明日は何のタスクをこなそうか・・・』と考えてしまいます。

これを模索する必要がなくなるので、リラックスして寝れます。

終わりに

33ものテクニックが載っていますので、

全部実践するのは、さすがに無理と思います。

「自分が気になったもの」、「自分に必要なもの」を選んで

実践してみると良いのかと思います。

 

 

-おすすめ本

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.