おすすめ本

【おすすめ本】行動・思考が変わった本ベスト3【2019年】

更新日:

2019本ベスト3

本記事は、私が2019年に読んだ本の中で、

「自分の行動や思考に影響を与え、変化をもたらしたベスト3」を紹介します。

 

スポンサーリンク


3位:メモの魔力

 

第3位は「SHOWROOM社長:前田裕二」の著書「メモの魔力」です。

この本では、「標語」「ファクト」「抽象化」「転用」という具体的な

メモの書き方(テクニック)ももちろん参考になりますが、

それ以上に「メモに対する姿勢」を学びました。

メモをただの「記録」としてだけで終わらせない。「知的生産」のためにメモをとる。

 

「メモをとること」には、下記スキルが向上するメリットがあります。

1.知的生産性

2.情報獲得の伝導率

3.傾聴能力

4.構造化能力

5.言語化能力

「メモ=記録」として終わらせていたのが

この本を読んで「メモに対する姿勢」が変わりました。

意識するだけで、上記メリットが得られます。

※過去記事でも紹介してます↓

【メモの魔力を読んで】メモをただの記録としてだけで終わらせない

 

 

2位:ハッタリの流儀

 

第2位は「堀江貴文著:ハッタリの流儀」です。

この本には「影響力」と「信用」を集める方法が書かれています。

堀江さんの名著「多動力」と併せて一言で表すと↓

【多動力】:好きなことに行動しまくる(量)

【ハッタリの流儀】:行動の効果を上げる(質)

 

簡単に「ハッタリのかまし方」を説明すると・・・

①「これをやりたい」という旗を立てる

(できるだけ当たり前のことよりも現実離れしたこと)

②結果ではなく、過程(挑戦する様・努力・成長の軌跡)を見せる、発信する

③ハッタリの後始末(必死に辻褄合わせ)

これらによりフォロワーが集まり、「共感」「信用」が貯まるという効果があります。

 

 

私は主にTwitter(@KigyouP)にて活用してきました。

具体的に行った一例を紹介します↓

◆例1◆本書ハッタリの流儀を発売直後に購入して、『今日中に読んで明日ブログに投稿する』と宣言&実行

 

◆例2◆「北海道マラソン完走を宣言」「練習で35kmで限界だったという経緯」「必死に宣言どおり完走」

 

◆例3◆「Youtubeに挑戦すると宣言」「次の日に動画投稿」

【関連記事】

【youtuberに俺はなる!!】昨日はじめて投稿に挑戦した話

※Youtubeチャンネルはこちら→(リンク

 

このように「宣言」「経過報告」「実行」を意識的に行うようになり、

日々、立てた旗に向かって突き進む1年になりました。

※過去記事でも紹介してます↓

【新書・ハッタリの流儀】行動の質を上げるマニュアル本

 

1位:死ぬこと以外かすり傷

 

第1位は、「箕輪康介著:死ぬこと以外かすり傷」です。

そして、狙ったわけではありませんが、2・3位の編集者も箕輪さんです。

この本にはモチベーションを上げてくれる言葉がたくさん詰まっています。

 

特に「トラブルに身を投げろ」「安全安心を破壊せよ」という言葉は、

私の思考・行動力を上げてくれました。

具体例を下記で紹介します。

・ブログなどを実名・顔出しでするようになった

→写真や動画を載せる際、個人情報に気を使い過ぎずに利用できる

・「恥をかくこと」「ミスをすること」などを恐れない。むしろ歓迎するくらいの思考を持つ

・「安全安心」「現状維持」ではダメ、「変化する」「進化する」という思考を持つ

色々なことに挑戦し、「スピード」「量」を意識して1年やってこれたのも

この本の言葉で思考が変わり、モチベーションが上がったことが大きいです。

いわゆる自己啓発書で思想的なことしか書いてありませんが、

2019年の私にとって大きな影響を与えてくれた本になりました。

※過去記事でも紹介してます。

【モチベーション】本「死ぬこと以外かすり傷」を読んで

※漫画版もあります

 

終わりに

1冊の本で自分の思考や行動は大きく変わるものです。

2020年もまた、良い本に巡り合い、ご紹介できればと思います。

 

スポンサーリンク


-おすすめ本

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.