持論

【持論】高校時代に微分積分を勉強する意味とは?

更新日:

微分積分を勉強する意味

『高校の数学(例えば微分積分)って何の役に立つの?』

 

みなさんは、高校時代に数学を勉強する意味って何だと思いますか?

高校生に『微分積分って将来何の役に立つの?』と聞かれたら、何と答えますか?

 

本記事では、そんな疑問に対する私の答え(持論)をお話しします。

 

スポンサーリンク


数学は論理的思考が身につく!?

よく下記の様なことが言われるかと思います。

・「算数」は、正しい結果を導くもの(1+1の計算をするもの)

・「数学」は、結果に行きつくまでの過程を学ぶもの(1+1=2になるのは何故か説明するもの)

だから、『数学は「論理的思考」を身につけるために役に立つ勉強なんだ!!』

 

・・・と言われて、分かる気もしますが、

「論理的思考」を学ぶのに「微分積分」じゃなくても良い気がします。

 

持論:微分積分は日常の役に立たない。だから良い

私は、微分積分が社会人になってから役に立ったことはありません。

数学者や物理学者、技術者などの道に進まない限り

普通、利用することはないでしょう。

 

こんな、役に立たない勉強の代表のような微分積分ですが

なぜ勉強する必要があるのか?私の回答はこうです↓

「役に立たない・難しい問題」でも、「努力して解く力をつける」ため

 

高校を卒業して、社会人になって、これからの人生、

色々な壁にぶつかるはずです。

『この仕事意味あるの?』

『この問題を解決するのはムリでしょ!?』

 

その際、避けてやらずに済めば良いですが、

やり遂げなければいけないこともあります。

 

壁にぶつかっても、努力してやり遂げる力・やり抜く力が必要になります。

その力をつけるためのトレーニングとして、

「(役に立たない、難しい)微分積分」はとっても良いんです!!

 

持論:まとめ

・微分積分は日常で役に立たない

・それでも勉強するのは、役に立たない難しい問題を「努力して解く力・やり遂げる力」をつけるため

 

スポンサーリンク



 

 

-持論

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.