おすすめ本

【要約】やる気が上がる8つのスイッチ【8タイプと3つの軸】

投稿日:

やる気スイッチ

本記事では、「やる気が上がる8つのスイッチ コロンビア大学のモチベーションの科学」

という本の紹介をします。

 

やる気を上げる方法というのは1つではありません。

そして、心に火をつける万能な方法はありません。

そのため、それぞれの人に合わせてやる気を上げる方法を考える必要があります。

本書には、それぞれの人を「3つの軸」をもとに「8タイプ」に分け、その特徴と問題に対する対策が書かれています。

 

スポンサーリンク



まずは、3つの軸の説明をします。

3つの軸

下記、3つの軸があります。

1.マインドセット

2.フォーカス

3.自信の有無

 

1つずつ解説します。

1.マインドセット

マインドセットとは「考え方の基本的な枠組み」のことです。

2つのマインドセット(証明マインドセットと成長マインドセット)について説明します。

証明マインドセット

すごい人と思われたい

人に自分の能力をみせつけ認めさせようとする。

困難にぶつかると、不安に押しつぶされてしまう。諦めてしまう。

 

 

成長マインドセット

すごい人になりたい

自分が向上することに焦点を当てる

粘り強く頑張り続ける。

 

成長マインドセットを持つ方が、やる気が高く、成果も上げる。

 

フォーカス

「獲得フォーカス」と「回避フォーカス」について説明します。

獲得フォーカス

達成・獲得を求める

称賛に動機付け

抽象的でスピード

そこに到達したいのか

 

 

回避フォーカス

安定感・信頼性を求める

批判を避けることに動機付け

具体的・正確さ

そこに滞在したいのか

 

どちらが良いというわけではなく、どちらも大事。

チームにバランスよく獲得・回避フォーカスの人がいると良い。

※関連過去記事を貼ります↓フォーカスによる相性診断です。

【相性判断】うまくいく相手の見分け方【プロモーションレンズ・プリベンションレンズ】

自信

本書で言う自信は「自己効力感」のことです。

※自己効力感:望む結果を得るために必要とされる能力が自分にはあるという確信

詳しくは過去記事をどうぞ↓

自己効力感(セルフエフィカシー)とは【概要・要因・種類】

 

8つのタイプ

前述した3つの軸をもとに、下記8つのタイプに分けられます。

1.中二病

2.うざいやつ

3.臆病者

4.退屈な人

5.やる気の空回り

6.まじめな見習い

7.新星

8.熟練の匠

 

「証明マインドセット」と「成長マインドセット」の2つに分けて説明していきます。

まずは証明マインドセットです↓

証明マインドセットの4タイプ

証明マインドセット

 

中二病

証明マインドセット・獲得フォーカス・自信なし

・ひっこみがちで、憂鬱な感じを漂わせている

・努力をしない。最小の投資で最大のゲインを得ようとする

・たまにやる気を見せることもあるが、すぐにしぼむ

※中二病とは:「中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/中二病

 

うざいやつ

証明マインドセット・獲得フォーカス・自信あり

・自慢が多く注目されたい

・批判を聞く耳持たず、失敗を隠す

・すべてに飛びつく

・向こう見ず

・仲間と競う

 

臆病者

証明マインドセット・回避フォーカス・自信なし

・周囲と壁を作る

・いつも不安に駆られている

・プレッシャーや予期せぬ事態に弱い

・新しい仕事には拒絶反応

 

退屈な人

証明マインドセット・回避フォーカス・自信あり

・注意深い

・得意なことしかやらない

・ミスを気にしている

・頑固

 

 

成長マインドセットの4タイプ

成長マインドセット

 

やる気の空回り

成長マインドセット・獲得フォーカス・自信なし

・意欲に満ちている

・学びたい情熱がある

・楽天的で成功する能力があると思っている

・多くを引き受けすぎる

・認められることによって伸びる

・困難に建設的

 

まじめな見習い

成長マインドセット・回避フォーカス・自信なし

・自分なりの美学を持っている

・やるべきことに集中

・守りに強いネガティヴシンガー

・行動に移すのは苦手

・真摯なフィードバックで伸びる

 

 

新星

成長マインドセット・獲得フォーカス・自信あり

・エネルギッシュで楽天的

・壁にぶつかるほど力が湧き出る

・アイデアの宝庫であり革新的

・リスクを恐れない

 

熟練の匠

成長マインドセット・回避フォーカス・自信あり

・責任感が強く信頼できる

・第2第3の矢を持って事に臨む

・ミスがない

・揺るがない専門性を持つ

・自分も周囲もともに高めようとする

スポンサーリンク


共通の対策

どのタイプにも共通の対策をまとめます。

1.「証明マインドセット」は「成長マインドセット」に

2.スキルを身につけ、自信をつける

3.自分のフォーカスを理解して、活かす

 

各フォーカスを活かす方法

「獲得フォーカス」と「回避フォーカス」それぞれを活かす方法を挙げます。

獲得フォーカス

・よく褒めてポジティブで楽天的な環境を整える

・目標をハッキリ持たせる

・アイデアを自由に出させる

・何でも早く片付けたいと思ってることを忘れない

・大きな絵を描く

・決断するときには、プラス面を考える

 

 

回避フォーカス

・建設的な批判と悲観主義でアプローチする

・何を得るかより何を避けるべきかをハッキリさせる

・出されたアイデアを分析し、評価してもらう

・じっくりと仕事に取り組めるようにする

・具体的な指示を与える

・決断をするときにはマイナス面を考えさせる

 

 

終わりに

本書でも書かれていますが、これらのタイプは固定的なものではなく、

同じ人でも、仕事やプライベートでは違うタイプであったりもする。

例えば仕事では獲得フォーカスだが、プライベートでは回避フォーカス

といった具合に状況によって変わるものであることも理解することが大切である。

後輩やチームのモチベーションを上げたい場合、

相手の考えを理解し、そして対策も書かれているので、非常に参考になる本です。

内容が分かりやすくとても読みやすいオススメの本です。

 

 

 

モチベーションに関する過去記事↓

【モチベーション革命】今の世代が理解不能。そんな上の世代が読むべき本

【自己決定理論】「3つの基本欲求」と「動機づけの5段階」を理解してモチベーションを上げよう

【マズローの欲求5段階説】を理解して日常に活かす【解説】

スポンサーリンク


-おすすめ本
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.