おすすめ本

【7つの習慣】ってどんな習慣?簡単にまとめてみました【要約】

更新日:

7つの習慣要約スティーブン・R・コヴィー 著「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」を要約しました。

日本でも代表的な哲学書・自己啓発書・ビジネス書の一冊です。

 

スポンサーリンク


7つの習慣とは

「7つの習慣」は人格を磨くための基本的な原則を具体的なかたちにしたものです。

「依存」から「自立」へ、そして「相互依存」へと成長していくプロセスになっています。

影響の輪

【まんがと図解でわかる 7つの習慣】を参考に自作

本書は以下の4つの部で構成されています

◆第一部:パラダイムと原則

・インサイド・アウトサイド

◆第二部:私的成功

・第1の習慣:主体的である

・第2の習慣:終わりを思い描くことから始める

・第3の習慣:最優先事項を優先する

◆第三部:公的成功

・第4の習慣:Win-Winを考える

・第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される

・第6の習慣:シナジーを創り出す

◆第四部:再新再生

・第7の習慣:刃を研ぐ

これらは、独立しているものでなく、関連し合っており、

第1の習慣から順に身につけていくものです。

 

インサイド・アウト

7つの習慣の原則にインサイド・アウト(内から外へ)という考え方があります。

真の成功は「優れた人格を持つこと(人格主義)であり、自分自身の内面(インサイド)から外(アウト)に働きかけること」であるとする考え方です。

自分自身の内面・パラダイム・動機などを最初に変え、それから外側(アウト)、他人や環境を変えるということ。

※パラダイム:色眼鏡のこと。物の見方

 

スポンサーリンク


 

では、ここから7つの習慣のそれぞれの習慣について、

まずは「私的成功」を目指す習慣について解説します。

私的成功(第1~3の習慣):依存状態から自立し、自らが効果をつくりだすこと

第1の習慣:主体的である

刺激・反応理論を認めた上、刺激と反応の間には、「選択の自由」がある。ということ。

※【刺激・反応理論】:人格は「状況・条件・環境」によって決定されるという考え

そして、「今の自分があるのは、過去の選択の結果だ」と

自分で選んだ人生の「責任」を持つことも意味する。

 

・自分の「影響の輪」と「関心の輪」の境界を意識して行動する。(下図参照)

※関心の輪:自分の関心の範囲のこと

例)過去の体験・天気

※影響の輪:関心のあるものの中で、自分が直接影響できる範囲のこと

例)人間関係・勤務態度・家庭生活・プロ野球チームの勝敗

影響の輪は自分で広げられる。

例えば、プロ野球チームの勝敗は自分にはどうにもならないことに思いがちだが、

自分がチームの監督やコーチになることで影響を与えることができる。

自分が「主体的」に影響できることを増やせるようにすることが大切
影響の輪

【まんがと図解でわかる 7つの習慣】を参考に自作

 

第2の習慣:終わりを思い描くことから始める

「目的を持って始める」ということ。

自分の人生におけるすべての行動を測る基準とするために

自分自身の人生の最後を思い描き自分はどう選択し、自身を創り上げたいか決めるということ。

自分の葬儀の場をイメージし、弔問客にあなたの人生をどのように語ってほしいかを深く考えてみる。

 

「ミッションステートメント」を書くことを勧めています。

※ミッション:使命  ステートメント:宣言

(1)どのような人間になりたいのか(人格)

(2)何をしたいのか(貢献・功績)

まずは土台におくべき自分が最も大切にしたい価値観・原則(正義・公平・誠実など)を中心に考える

 

第3の習慣:最優先事項を優先する

ミッションステートメントが決まったら、何から実行していくかを考える。

・重要事項を優先する

・「時間管理」の発想を捨て、「重要事項を果たす順序」を管理する。

「時間管理」だと「時間が来たら終了」や予定に空白があると「何をしてもいい時間」となってしまい良くない。

優先タスク

【まんがと図解でわかる 7つの習慣】を参考に自作

図のように日々の活動を重要度と緊急度で分けます。下記に各領域の例を挙げます。

第1領域:締め切りのある仕事、大事な人との急な約束、病気や災害

第2領域:人間関係作り、仕事や勉強の準備、健康維持や自己啓発

第3領域:日々の電話や会議・報告書、重要でないメールへの返信、突然の来客対応

第4領域:待ち時間、テレビやネットを見続ける、だらだらとゲームやスマホ

実際は第1・3領域の緊急であることは、言われるまでもなく実行するはず。

問題は第2領域が重要なのに緊急ではないので、あまり時間を費やさないこと。

第2領域にかける時間を増やそう

・第2領域の時間を確保する

・時間が足りなければ、人に任せることも大切(デレゲーション)

スポンサーリンク



次に「公的成功」を目指す習慣について解説します。

公的成功(第4~6の習慣):自立した2人以上の人が協力し合い、より高い効果をつくりだすこと

第4の習慣:Win-Winを考える

Win-Winとはすべての人間関係において、お互いの利益になる結果を見つけようとする考え方です。

・「競争」ではなく「協力」

・Win-Winが難しければNo Deal(取引しない)を選択する

・人間関係を充実させる「信頼残高」を増やす

・「豊かさマインド」を持つ

※豊かさマインド:「全ての人が満足することは可能だ」と考える気持ち

※欠乏マインド:「誰かが得をすると、誰かが損をする」と考える気持ち

 

第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される

理解しあうために大切なことは、

自分のことを理解してもらう前に、相手のことを理解しようとするということです。

そのためには「傾聴」について学ぶことが大切です。

「傾聴」についてはこちらの過去記事をどうぞ↓

【コーチングスキル・傾聴】3つの「きく」正しく使って「聴き上手」になろう

 

 

第6の習慣:シナジーを創り出す

シナジーは他のすべての習慣の目的とするもので、

全体の合計は個々の部分の総和よりも大きくなるということです。

(例:「1+1=2ではなく3にも4にもなる」「足し算ではなく掛け算」といったイメージ)

・相手との違いを尊重し、相手の長所に学びながら力を合わせる

・お互いが「自立」していることが必須(第1~3の習慣で身につける)

・コミュニケーション次第で相乗効果は大きくなる

・新しい第3案を生み出す

 

 

第7の習慣:刃を研ぐ

再新再生:より高い効果をつくりだせるように「自分を改善」「自分に投資」すること

以下の4つの側面についてバランス良く取り組むことが大切になります。

1:肉体

2:精神

3:知性

4:社会・情緒

 

 

 

 

終わりに

この本は、1度読んで終わりではなく、何度も読み返すということを勧められています。

より良く過ごすための、行動や考え方の軸となる「習慣」だと思います。

「自分で自分の人生は変えられる」

 

※続編として第8の習慣もあります。知りたい方はこちらをどうぞ↓

【スティーブン・R・コヴィー:第8の習慣】リーダーシップを発揮する【要約】

スポンサーリンク


-おすすめ本

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.