スキルアップ

【マーケティング】4P分析とは?基本を3分で学ぼう

投稿日:

購入

「マーケティング=売れる仕組み」における最も基本となる言葉に

「4P」というものがあります。

この「4P」について説明します。

スポンサーリンク


4Pとは?

4

1960年にジェローム・マッカーシーが提唱。

下記4つの単語の頭文字からとって『4P』と呼んでいます。

Product(プロダクト:製品)
Price(プライス:価格)
Place(プレイス:流通)
Promotion(プロモーション:販売促進)

それぞれについて説明します。

Product:製品

品質・デザイン・ブランド名・パッケージ・サービス・保証など

(以前は「」が中心でしたが、無形の「サービス」も含め考えます)

【ポイント】

・製品を通して顧客ニーズをどう満たすか

・製品を通して提供できるメリットは何か

Price:価格

市場での「販売価格」です。

価格設定により、大体のターゲット層も決まります。

【ポイント】

・顧客が購入してくれるか

・製品価値と合っているか

・利益は得られるか

Place:流通

製品の「流通経路」や「販売場所」です。

実存店舗であれば、立地・店舗数

それ以外では通信販売、インターネット販売 など

【ポイント】

・顧客に確実に製品を届けられる流通形態か

・製品のイメージにも繋がる

例:コンビニ:手軽 、 ブランド店:貴重

Promotion:販売促進

宣伝・広告」です。

チラシ・DM・ホームページ・イベントの実施 など

【ポイント】

・いかに製品を認知してもらうか

・どれだけの経費をかけるのか

 


これら4つを個々で考えるのではなく、複数の要素を掛け合わせて、分析することが重要となります。

スポンサーリンク


-スキルアップ
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.