自己紹介

【2019年北海道マラソン】私の目標【当日の作戦を公表】

投稿日:

北海道マラソン2019

 

2019年北海道マラソンは「8月25日」にあります。

本記事では、大会に向け「私自身の目標設定・作戦」を公表します。

 

スポンサーリンク


過去の北海道マラソンの成績

まずは、今までの成績

2017年(フルマラソン初挑戦)・2018年の記録を表にしました。

北海道マラソンの過去の成績30km~40kmのペースが結構落ちている

(2017年:1時間12分、2018年:1時間17分)

30~40kmが最もキツく頑張り時!!

2019年北海道マラソンの目標

2019年の目標は・・・

最低目標:完走(最終関門41.6km:5時間05分)

最高目標:自己ベスト更新(4時間46分)

下記に10kmごとの目標時間を表にしました。

2019北海道マラソンの目標

細かな目標・作戦

「序盤・中盤・終盤」に分けて、私の作戦を紹介します。

序盤(スタート~30km)

基本走行フォーム:歩幅は小さめ、脚(太もも)をあまり挙げずに衝撃を少なく
(上下動少なく速歩きのイメージ)

※学生時代から膝の痛みを抱えており、あまり負担をかけると再発の懸念

この基本フォームだと、下腿三頭筋・前脛骨筋に疲労が溜まる。

たまに太もも挙げ、膝を使ったフォームを入れ、下腿への疲労を抜く。

おそらく20kmまでは余裕を持って走れる。いかに、後半へ疲労を残さないかがポイント

 

中盤(30~40km)

長い新川通の折り返しを超え、身体がキツく感じてくる頃。

フォームは気にせず、自分の走りやすいように。ここからは根性勝負。

A:給水ポイントまで頑張る(2km間隔)

B:給水・給食ポイントでは歩いて積極的休息・エネルギー補給

A・Bの繰り返し。

おそらく、最もキツイ時間帯。ゴールまでも遠く、疲労が溜まり挫折したくなる。

ここが私の勝負所!

休息からの走りはじめの切り替えがポイント。給水・給食を終えたら早く走り出す

 

終盤(40km~ゴール)

北大キャンパスを越えた所(残り1kmちょい)で、まずは道庁に向かってスパートをかける。

最終関門(41.6km)も越えれば、あと500m程度。ゴールに向かって更なるラストスパート!!

1秒でも速く!タイムを縮める!!最後の根性の見せ所。全てを出し切る!!

 

不安要素

・2017年、2018年ともに練習で42.195kmを走って自信をつけていたが、

今年(2019年)は、35kmまでしかトレーニングできていない。

・腰が重たい(硬い)感じがする

・トイレ:スタート待ち時間を合わせると5時間以上の闘いになる。

1回はトイレタイムが必要になるが、タイムロスを出来るだけ避けたい。

どのポイントで入るか、「混雑具合」と「自分の生理現象」でその場の判断になる。

 

終わりに

不安はありますが、当日楽しめるように頑張ります!!

参加する皆様、お互いがんばりましょう!!

 

スポンサーリンク


-自己紹介
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.