起業

【ジム経営】新規客獲得は大変【1対5の法則・5対25の法則】

投稿日:

1対5の法則

本記事は、フレデリック・F・ライクヘルドが提唱した(R

「1対5の法則」「5対25の法則」から新規顧客と既存顧客について考察します。

 

これから「広告・宣伝」を頑張りたいと思っている方、

この法則を理解して1度検討し直してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク


1:5の法則とは

1対5の法則図

1:5の法則とは「新規客獲得には、既存客維持の5倍のコストがかかるという法則」です。

既存客は一度商品を購入しているため、

少ないコストで再購入する可能性が高いということです。

 

5:25の法則とは

5対25の法則

5:25の法則とは「顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善されるという法則」です。

既存客は中長期的に商品を購入し続ける「リピーター・ファン」となり、

時間の経過とともに大きな利益をもたらします(LTVアップ)。

→LTVについてはこちら:【経営学の基礎】顧客生涯価値(LTV)について理解しよう【解説】

 

新規客獲得より既存客維持の方が大切?

2つの質問

「1対5の法則」や「5対25の法則」から、

新規客獲得よりも既存客維持の方が大切であると考えられます。

 

・・・がしかし、

既存客から得られる利益にも限界があります。

事業を発展させるためには新規客の獲得も重要な要素となります。

そうすることで母体が増え、結果的に既存客も増えるからです。

 

ジム経営における新規客獲得・既存客維持の例

ジム

ジム経営における「新規客獲得」・「既存客維持」それぞれの手段について例を挙げます。

(どの業種とも共通な部分も多いです)

 

ジム経営における「新規客獲得」手段

「新規客獲得」の手段の例を挙げます。

・チラシ、広告(新聞・地域誌・専門誌・ポスティングなど)

・看板(店前・近隣の主要道路)

・ホームページ、SNS、紹介サイト

・営業

・イベント開催

・既存客からの紹介(紹介者に〇〇プレゼントなど)

ポイントとしては、まずは「接触頻度」を増やし認知されること、

そしてそこからいかに「関心」を引き、「欲求」を掻き立てれるかです。

参考過去記事:【マーケティング】商売をするには消費者行動を理解すべし【AIDMAの法則】

 

ジム経営における「既存客維持」手段

「既存客維持」の手段の例を挙げます。

・ジム設備レベルアップ

・メールマガジン

・DM

・還元サービス

・ルート営業(既存の顧客のみを定期的に訪問する営業)

・トレーニングメニューに変化をつける

・イベントサービス(誕生日・〇周年記念など)

日頃のサービス向上は当然のこととして、

以上の様な「既存客維持」にコストをかけることも重要であり、

結果として、それが利益改善に繋がるのです。

 

特に思う様に利益が上がらない時期は「新規客獲得」に力を入れがちですが、

「既存客維持」も意識すべきでしょう。

関連過去記事:【起業・顧客サービス】決められたサービスよりも特別なサービスを

 

終わりに

まず、各法則をおさらい⇩

【1:5の法則】新規客獲得には、既存客維持の5倍のコストがかかる

【5:25の法則】顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善される

 

「1:5の法則」「5:25の法則」からの教訓⇩

・既存客は大切

・新規客獲得は難しい

・事業の発展には新規客獲得も必要

・貴重な新規客にはリピーターになってもらう

スポンサーリンク


-起業
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.