その他

10Minutes-writing ~No.4:つい~

投稿日:

#10minutes_Writing

4日目の10分ライティングです。

今回のテーマは

 

つい

みなさんは最近、「つい、やってしまった」体験はありますか?

 

私のつい、やってしまった体験は、この10分ライティングがまさにそうです。

・新しい企画
・面白そう
・ライティングスキルをつけたい
・「(10分なんだから)時間がない」という言い訳はできない

こんなことがきっかけとなり、「つい、はじめてみた。

 

『ま、月に1本くらいでのんびりやろう。』くらいの気持ちだったのですが、

他の方は毎日投稿している→『自分も負けられない!!』→「つい、毎日投稿

 

誰かに言われてやっている訳ではなく、

いくつかのきっかけがあり、「つい、行動しています」

 

「仕事しろ」と言われて「仕事したい」とはなりません

子供に「片付けなさい」「宿題しなさい」と言って「片付けたい」「宿題したい」ともなりません

 

それよりも、

「つい、やりたくなる」仕組みを作るのです。

 

 

先日、Twitterでこんな話題がありました。

「後輩にバイザー(実習指導者)になって欲しい」

と頼んだら

「嫌です」と言われた。・・・と

 

こんな時どう「つい」をデザインしたら良いか・・・

例えば、こんな仕組みはどうでしょう!?

・先に自分がバイザーをやり、めちゃくちゃ楽しんでいる様子を見せる
・バイザーをやると普段の業務は半分で良い
・バイザーをやると何か特典(特別休暇・特別給与など)がもらえる

「やりたいです!!」と言わせる仕組みを作りましょう!!

 

 

①あんぱん〇ん

②ディズニー〇ンド

③8×6=?

④86749×46784=?

 

 

 

 

 

 

 

さて、〇の穴埋めや計算をしたという方も多いのではないですか?

 

「穴埋めしてください」「計算してください」なんてどこにも書いていません。

だけど、「つい」やってしまいますよね。

 

だけど同じ計算問題でも④を計算した人はほぼいないかと思います。
(つい、やりたいの仕組みの失敗)

 

これも「つい、やりたくなる」の仕組み作りのヒントかもしれません。

そんな仕組みを作り、「やりたい」を量産しよう。

 

字数:861字/10分

 

今回の話は

下記本を参考にしています。

「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ [ 玉樹 真一郎 ]

-その他
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.