その他

10Minutes-writing ~No.31:自伝7 就職活動(いざ面接へ)~

投稿日:

30日目の10分ライティングです。
この記事は10分の制限時間を設定して書いています。

スポンサーリンク


 

面接当日の昼過ぎ。

慣れないスーツを着て、JRに乗り病院へ向かう。

 

JRから降りてすぐ目の前に病院がある。

玄関を入り、リハ室が何処なのか、案内板を見に行く・・・

 

と案内板を見に行く前にリハ室が目に入る。

 

「さぁ、行くか。」

そんな気合いを入れ、足を進める。

 

リハ室に入ると沢山の患者さん達が待合いに座っている。

 

入ってすぐの受付にいる女性に声をかける。

 

私「本日面接のお願いをしている学生の西島と申します。

リハビリの科長さんお願いできますでしょうか?」

受付女性「お待ち下さい。」と奥のスタッフルームへと入っていく。

 

私はリハの待合いに座っている患者さん達に混じり

端っこで通路の邪魔にならないように立って待つ。

 

ほとんどが病衣を着ている患者さん。

1人スーツ姿の自分に視線が集まる。(様な気がする)

 

すぐに、背の高めの男性スタッフが来た。

「西島さんですね。こちらへどうぞ。」

 

リハ科長が私をスタッフルームへ連れて行く。

 

スタッフルームでは、

白いKC(リハビリの制服)を着たスタッフが

5・6名座ってパソコン作業をしている。

 

黒のスーツを着た私に視線が集まる。

今度は間違いない。

 

続く

以上

文字数:589字/10分

スポンサーリンク


-その他
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.