その他

10Minutes-writing ~No.29:自伝5 就職活動(帰省)~

投稿日:

29日目の10分ライティングです。
この記事は10分の制限時間を設定して書いています。

 

スポンサーリンク


 

B教授に勧められた、

札幌近郊の整形外科病院の見学日時が決定した。

 

大学のある東北仙台にいた私は

その日のウチに実家(札幌)に帰る手段を確保する。

 

普段帰省する際には、ハタチまでは、

予約なしで当日空きがあれば安く飛行機に乗れるという

「スカイメイト」という方法を利用していた。

 

ハタチを過ぎてからは、

色々な手段を使った。

 

例えば、「青春18切符」という

12000円くらいの値段で5枚綴り(つまり、5日間)

普通列車乗り放題というのを利用したりもした。

 

青函トンネルだけは、

特急列車に乗るがそれ以外は普通列車。

 

始発から終電までかかって、

札幌まで届かず、結局、

父親に車で迎えに来てもらった、

なんて思い出もある。

 

シンドくて二度としたいと思わない。

 

そんな中、オススメはフェリー!

部屋のランクにもよるが

安いのだと片道1万円かからない。

 

夜に仙台を出て、翌日朝に苫小牧に着く。

夜はコンサートを見たり、

大浴場に入ったりして、時間を潰せる。

 

最低ランクの大部屋は

敷布団が3㎜程度の激薄、

両隣との距離1センチで、

不快度マックス。

 

だから大部屋の時は、

ロビーのソファーで本を読み、

そのまま寝落ちしていた。

 

そんなこんな普段は色々な方法で、

とにかく安く帰省をしていたわけだが、

今回は日にちもなく時間優先。

 

普通に何の割引も効かない飛行機を予約。

 

当時格安航空もあまりなかったので、

割引なしの飛行機はホント高い。

 

ま、仕方のないこと、就職してたくさん稼ごう。

 

というわけで、無事飛行機の予約もできて、

終末の土日の学校の休日を利用して、

面接目的で帰省することとなった。

 

スポンサーリンク


-その他
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.