その他

10Minutes-writing ~No.26:自伝2 就職活動~

投稿日:

26日目の10分ライティングです。
この記事は10分の制限時間で書いています。

 

スポンサーリンク


 

 

前回【自伝 開幕】から始めた

自伝2回目の投稿です!

では、はじめます!

 

就職活動(相談)

どこへ就職するか、

周りの友人が日々決まっていく。

 

私は地元(札幌)の整形外科を中心に

求人情報が出ていないか

病院のホームページを眺める程度。

 

流石に焦りも感じ、学校の先生に相談に行く。

私は東北の大学に通っていたが、

教授達は北大との関係があったりと、

北海道の情報については、割と強かった。

 

はじめは、若いゼミの先生に相談した。

 

私「先生、就職ってどーやって決めたら良いですか?」

ゼミの先生「どーゆー所で働きたい?病院?老健?」

私「後々はスポーツ関係で働きたいと思ってますけど、

まずは普通に整形とかかなぁーって思ってます。」

 

今思うと、熱い想いのない学生でした。

(もったいない。)

 

ゼミの先生「場所は?この辺?地元?」

 

私の学校は、北海道、東北6県、

関西、九州、四国と

全国各地から学生が集まっていた。

 

就職が決まった友人達も割と

地元に戻るという人が多く、

その流れで、私もなんとなく

地元かなぁと思っていた。

 

私「とりあえず、札幌近郊の整形で探してます。」

ゼミの先生「札幌なら、B教授に相談しな!」

私「分かりました。」

 

B教授は、ゼミの先生とは違い、

あまり気軽には話したことのない。

しっかりしていないと怖い

というイメージの先生。

 

「地元近郊で整形」こんな程度の曖昧な感じで

相談しに行って大丈夫かな・・・

 

そんな不安な気持ちも抱きつつ、

翌日、慣れない教授の部屋へ行く。

 

つづく

 

ーーーーーー

以上

本日もお付き合いいただき

有難うございました。

 

文字数:741字/10分

 

スポンサーリンク


-その他
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.