その他

10Minutes-writing ~No.23:限界突破~

投稿日:

23日目の10分ライティング(10Minutes-writing;10mw)です。
この記事は10分の制限時間を設定して書いています。

 

大丈夫よ。
ほとんどの人は手前に線を引いているんだから。
本当の自分の限界よりも...その一歩先の自分の可能性に気づかないまま...ね。

これは、野球漫画「H2(あだち充)」

の完投勝利を目指す木根くんのシーンで

マネージャーの雨宮ひかりのセリフ。

 

ジェイさんのvoicyでも紹介されています。
【#197 限界のちょっと先にある可能性】

 

 

ということで、前回投稿記事「根性力」にも繋がりますが、

今回は「限界突破」について書きます。

 

上記セリフの様に

たいていの人は限界まで達せずにいます。

 

『疲れた』『もう限界、無理・・・』

 

と思っても、まだそれは、本当の限界よりも手前。

本当の限界は、一歩先にあります。

 

このセリフを思い出すことで

 

『大丈夫!まだいける!!』

 

という気持ちになれます。

(完全に根性論ですね・・・)

 

限界は少しずつ突破しよう

根性論にも1つポイント(注意点)があります。

限界を一気に突破しようとすると潰れます。

 

なので、日々少しずつ突破していくことが大切になります。

 

筋トレなんかと一緒ですね。

一気に重すぎる負荷でやろうとすれば潰れます(ケガします)

だけど、軽すぎる負荷でも効果は薄い。

 

少しずつ少しずつ限界を突破していくイメージが大切です。

 

例えば、毎日のタスクやノルマがあったとします。

それを毎日100%達成で終わらせるのではなく、

プラスα、ちょこっとプラスさせます。

 

そのちょこっとのプラスαが、

毎日積み重なると大きなものになります。

同じく、ジェイさんのvoicy
【#28 1.01と0.99の法則:常に何か少し付け足す楽しさ】
こちらも参考になるかと思います!!

ということで、

・本当の限界は自分の思っている限界の一歩先にある

・限界を少しずつ突破しよう

 

という話でした。

さぁ、限界突破してきましょー!!

 

以上、本日もお読みいただき

ありがとうございました。

文字数:838字/10分

 

スポンサーリンク


-その他
-

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.