体験談

【体験】トラブルに身を投じろ

投稿日:

f:id:kigyou-pt:20190405151325j:plain

おはようございます。起業理学療法士の西島紘平です。

今回は昨日起こったトラブルについて投稿します。

目次

 

トレッドミルの電源がつかない

昨日、当店に置いている有酸素運動マシン「トレッドミル2台・自転車エルゴメーター2台」のうちトレッドミル1台の電源がつかない状態になってしまいました。

 

すぐに購入した先の業者に連絡したのですが、対応してもらえるのが3日後。

その対応もまずは状況確認で見てもらうところから。

そこから、修理になるのか、新たに購入になるのか分からないが、少なくとも1週間以上はかかる予感。

 

有酸素運動マシンは人気が高く、お客様の利用頻度は高いため、迷惑をかけてしまう。

さてどうしようか・・・

 

トラブル対応

まず、昨日の業務終了後、すぐに家電量販店・ホームセンターなどへ行き、

代用となりそうな有酸素運動マシンはないか検討(予算は1万5000円程度)

自転車エルゴメーター検討・・・

・サドルがあまり高くならい(膝伸展せず膝に負担かかりそう)

・不安定(転倒の危険)

トレッドミル検討・・・

・安いのは走路面積が狭すぎ

・予算オーバー

といった理由からどちらもNG 

 

そして、結果、購入したのがこちら↓↓ステッパー

 

 

有酸素マシンの代用となる

・値段1万円以下 

・スペースをとらない(不具合中のトレッドミルが未だ店内に置いてあるため、スペースをとる余裕はあまりなかった)

・実際使用してみると、トレッドミルで歩くよりカロリー消費しやすいかも(感覚的なものです。ステッパーについて調べて勉強してみます。)

ということで、トレッドミルが復活するまで、ステッパーで代用することとなりました。

 

<対応2>

当店にはメドマーやフットマッサージャーを置いており、10分300円でサービスしています。

有酸素マシンが混雑状況により待ち時間が長くなりそうな場合、これらサービスを無料提供する! という対応をとることとしました。

 

トラブルに身を投じろ・安心安全を破壊せよ

つい先日の私の記事で、

「上手くいっている時はさほど頭は使わない。

問題が起これば、人は考え、必死になるといったことを

箕輪厚介さんの本を読んで感じ、投稿しました。

kigyou-pt.hatenablog.com

 

今回、まさにこの状況で、

トラブルが起こった(トレッドミルの電源がつかなくなった)からこそ、

対応を考え、補うことのできるサービスを必死に考えました。

出費は痛いけれども、お客様へのサービスを考える良いきっかけだったと思っています。

箕輪さんの本「死ぬこと以外かすり傷」を読んで、

「トラブルに身を投じろ!!」の言葉が

自分にとって、『(トレッドミルが調子悪く)運が悪い。ついてない。』などとネガティブな気持ちにならず、ポジティブな気持ちにさせてくれました。

 

未だ、トレッドミルが使用できない状況が続いており、

何か良い対応策や代用品が思いつく方は、是非コメントにてご教授下さい。

-体験談

Copyright© 起業理学療法士の道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.